ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

“割安感”ではA4ノートに勝てない!
ネットブックブームの終焉が始まった

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第91回】 2009年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
日本HPから発売されている「HP Mini 5101は、10.1液晶を搭載する高解像度のネットブックだ。ネットブック特有の弱点は改善されつつあるものの、価格は以前より割高になっている。

 PCの売り上げデータを見ていると、いよいよ不況による販売不振の「下げ止まり」が明確になって来ている。

 とはいえ、もともとコンシューマ向けのモデルは好調で、台数的にはよく売れていたのだ。ただし、売り上げ額は芳しくなかった。

 これは、間違いなくネットブックの影響である。ネットブックが爆発的に売れているために、PCが一気に低価格化しているのだ。

 ネットブックには、他のPCと明確な違いがある。CPUにAtomを採用し、HDDが160GBのモデルがほとんどだ。また、現時点ではOSに「Windows XP」を採用している。

 このように、ネットブックのスペックにやけに共通点が多いのは、インテルとマイクロソフトから制限が付けられているからだ。その内容は公表されていないのだが、製品を見ればわかる。

 つまり、制限を守った製品には、CPUやOSが安く提供されるため、「驚異的なプライス」が実現されているというわけだ。

 だが、この制限も実は徐々に緩和されており、ネットブックの構成は登場当初と比べて大幅に向上している。

 特に大きなポイントは、7月にも本連載で紹介した「高解像度化の流れ」が決定的になり始めたことである。今回のポイントも、そこにある。

 そもそも、ネットブックの液晶は8~10型程度が一般的で、解像度は1024×600ドットが主流だった。実際に使ってみると、液晶サイズより解像度の狭さが致命的だ。画面が狭く、ネットブック本来の用途であるウェブを見ていてもストレスが溜まる一方なのである。

 特に、縦方向の解像度が低いために、頻繁なスクロールが要求される。また、インタフェースにリボンを採用した「Office 2007」は、画面が狭くて使いづらい。

 「PowerPoint 2007」で作業をすると、編集領域は名刺程度のサイズしか確保できないケースさえ出て来る。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧