ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
めちゃくちゃわかるよ経済学 シュンペーターの冒険編

シュンペーターの正教授就任に尽力した
盟友グスタフ・シュトルパーとの関係

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第55回】 2009年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ボン大学の理論経済学教授アルチュール・シュピートホフがシュンペーターを正教授として招聘するために教授会で尽力し、プロイセン州文部省へ推挙したことは前回述べた。1925年夏のことである。

 当時のドイツの大学制度によると、教授会が人選の権利をもっていたが、最終的には州政府文部省の判断であり、教授会推薦が引っ繰り返ることもあったという。現にボン大学財政学教授の人選でも1回、1925年前半に文部省から差し戻されている。

 最終的に、シュンペーターはベルリンのプロイセン州文部省に呼び出され、面談でチェックされてから正式なオファーを受け取っている。

 なお、大学行政の所管は共和国政府ではなく州政府である。ボンはベルリンよりはるかに西方のライン川地域だが、ナポレオン戦争後のウィーン会議(1814-1815年)で、支配者はハプスブルク家のケルン選帝侯からプロイセン国王に代わり、第1次大戦後の共和国体制でもそのままプロイセン州の管轄となっていた。

財務相時代から親しい仲だった
シュンペーターとシュトルパー

 さて、シュピートホフはシュンペーターを推挙するに際し、グスタフ・シュトルパー(1888-1947)に助言を求めた(★注1)。つまり、シュトルパーの強い推薦によってボン大学のシュンペーター招聘は動いたのである。

 グスタフ・シュトルパーとはどのような人物なのだろうか。

 以下、シュトルパーの履歴や人物像(家族を含めて)については★注2に掲げた文献を参照した。文献は錯綜しているので脚注で一括して解説する。

 シュトルパーはウィーン出身のユダヤ系ドイツ人である。ルドルフ・ヒルファーディンクやエミール・レーデラーなどと同様だ。1906年にウィーン大学法=国家学部に入学して経済学を学び、1912年に学位を得ている。1888年生まれなのでシュンペーターより5歳下の後輩である。

 在学中から記事を執筆していた早熟の経済ジャーナリストで、ウィーン大学卒業後はすぐに経済週刊誌Der Osterreichische Volkswirt(「オーストリア・エコノミスト」)の編集者としてウィーンで取材執筆活動を始めている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


めちゃくちゃわかるよ経済学 シュンペーターの冒険編

「経済成長の起動力は企業家によるイノベーションにある」とする独創的な理論を構築したシュンペーターの発想の冒険行を、100年前のウィーンから辿る知の旅行記。

「めちゃくちゃわかるよ経済学 シュンペーターの冒険編」

⇒バックナンバー一覧