タイ 2015年2月13日

バンコク屋台開業ものがたり 【第2回】日本人でもできる!? タイ人パートナーと始めるフランチャイズ屋台Q&A

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部が、バンコクの屋台ビジネスをレポートした大人気企画。第2回はフランチャイズ屋台のオーナーになるためのさまざまな疑問に答えます。

参考記事:バンコク屋台開業ものがたり【第1回】

 前回登場してくれたオー氏(元『DACO』の編集スタッフで現在はフランチャイズ屋台オーナー)の話を中心に、フランチャイズ屋台ビジネスについてまとめてみました。

Q1.外国人は屋台ビジネスができるの?

A. 法律的には無理。

 原則として、屋台を出すには区役所に届を出す義務があり、必要書類としてタイ国民のIDカードとある。ただし実際はタイ人でも許可を取らずに店を広げているのがほとんど。

 フランチャイズ屋台の会社によっては、外国人オーナー可というところもあるが、法律的な保障があるわけではないので、タイ人パートナーを探そう。

Q2.屋台出店の場所はどうやって探して、許可をもらうの?

A. 個人の屋台は無許可がほとんど。

 フランチャイズの場合は通常、屋台主(オーナー)が出店場所を決めたら、親会社に報告をしなければならない。親会社が一緒に探してくれることもある。ちなみにオー氏は、自分の足で探してその場所の所有者と交渉。セブンイレブンの軒先に1.5メートル四方のスペースを月3500バーツ(約1万2000円)で借りている。

Q3.屋台成功のコツは?

A.サイアム・スクエアやシーロムの店舗でブレイク、オー氏が開店したフランチャイズ屋台「ルークチン・プラー・ラバード」の社長、ジャックさんに聞いた成功の秘訣は以下のとおり。

【成功の5カ条】
1.人が集まるロケーションを探せ!
2.レンタルスペースを確保せよ! 
3.調理・調味をいいかげんにやるな!
4.笑顔でサービスマインド! 商売中は怒るな! 
5.コスト削減! ムダ使いをするな!

Q4.開店時間は、どうやって決めるの?

A. 屋台オーナー次第。

 オー氏の場合は、天候や売上げ状況により若干の変動はあるが、通常16~20時の4時間のみ開店。長く営業してコストをかけるよりも、人の流れを見てピンポイントで狙ったほうが、純利益につながる、という判断。

Q5.親会社に対してロイヤリティは発生するの?

A. 今回調べた13社(詳細は連載第4回で紹介)については発生しない。

 初期投資以外に親会社から買い付けるものは、毎回の食材の仕入れのみ。更新時に更新料が発生するところもある。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。