ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術
【第3回】 2015年1月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
赤羽雄二

資料作成は「アウトプットイメージ作成アプローチ」で

previous page
3

なぜアウトプットイメージ作成アプローチが効果的なのか

 通常の仕事のやり方、業務指示の方法だと、かなりのすれ違い、言った言わないが生じてやり直しが多くなるが、上記のステップを踏むことにより、上司・部下のすれ違いをほぼ防くことができる。3日の仕事でも2週間の仕事でも、アウトプットイメージを最初に作成してすり合わせているので、齟齬がない。

 部下に何をしてほしいのか、具体的に言えない上司が非常に多いが、30分程度でアウトプットイメージを書くことは最初のうちかなり大変で、それを準備するなかで新たな発見が多くあり、上司自身が大いに成長する。

 「上司が助けると本人の成長のためにならないのでは……」というのも上司が全部取り上げてやってしまうわけではないので、余計な心配である。できる部下に対しては、フィードバックの量・頻度が自然に減っていくものだ。

 水にまず投げ込み、おぼれそうになりながら泳ぎを覚えさせるのは、非常に古いやり方だ。そのような文化を持つ組織はノウハウの蓄積が進まず、大きな成果を出せないだけでなく、何より有能な人材がすり減らされていく。流出も続く。

「アウトプットイメージ作成アプローチ」は
デザイン、プログラミング業務にも有効

 上記の説明は書類・資料作成に関してであるが、デザイン、プログラミングの場合もそれに準じていただければいい。要は、上司が業務の内容について的確な指示をせず、あうんの呼吸を期待して仕事をさせている、という状況が起きがちなところでは、どこでも有効だと思う。

 難易度の高い緊急プロジェクト的な場合でも、アウトプットイメージへの合意は必要だ。方向が見えるまでは一緒に走り見本を見せるほうが、時間のロスがなく大きな成果を出せる。過度なプレッシャーもなくなり、部門として重要な業務を失敗するリスクも減る。

previous page
3
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



赤羽雄二(あかば・ゆうじ) 

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』(ダイヤモンド社)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』(宝島社)などがある。

 


速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術

赤羽雄二氏は、マッキンゼーで14年間活躍するなかで、同社のソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた人物だ。現在も複数の大企業の経営改革を進めつつ、10 社を超えるベンチャーの経営支援を行ないながら、ブログも週2本書き、年間50 回を超える講演・ワークショップをこなしている。今回はその驚異的な仕事量を実現する仕事術のうち、特に参考になると思えるものをピックアップし、具体的に明かしてもらった。

「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」

⇒バックナンバー一覧