ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第18回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson18「クラブを“横”に振る意識を持とう」

トップのミスが止まらなくなるのはなぜか?

北野正之 [ティーチングプロ]
【第18回】 2008年11月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 アベレージクラスのアマチュアゴルファーにとって、ボールの頭をたたく「トップ」のミスには、一度出ると止まらなくなるという非常に厄介な症状があります。

 打球はコロコロと芝の上を転がるばかりで、空高く上がっていきません。しかも、この寒い時期はミスヒットすると手がしびれて、手先のフィーリングが鈍くなってしまいます。

 トップのミスがなぜ続けて出るかを解明する前に、ミスの原因を探っていきましょう。

 インパクトでボールの頭をたたくということは、クラブヘッドがアドレス時よりも高い位置を通っていることになります。極端にいうと、空中を振っているわけです。

 その原因は、ひじを曲げるなどして手(腕)を短く使っているか、体全体でボールを持ち上げようとしているか、のどちらかです。共通しているのは、ボールを高く上げようとして、フォローでクラブを「上」(空方向)に振り上げていることです。

 しかも、トップのミスが1度出ると、次のショットでは、さらにボールを高く上げようと意識します。そうすると、クラブをますます空高く振り上げてしまい、ナイスショットどころか、ミスが止まらなくなるのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧