ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

テクニカル分析で見た上値メドは
日経平均1万1500円近辺か

2009年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 

 日経平均株価の上昇基調が続くと仮定した場合、簡単なテクニカル分析による上値メドは1万1500円あたりと見られる。

 テクニカル分析は手法や解釈が千差万別であるほか、その信憑性に賛否両論が入り乱れている。なかにはテクニカル分析を真っ向から否定する向きもある。

 しかし、相場が人間の業(ごう)の集まりならば、その軌跡を示すチャートに、似たような動きの繰り返しなどあっても不思議はないだろう。

 この前提で足元の日経平均株価を見てみると一定のリズムが認められる。2009年の4月末頃から始まったトレンドは、およそ1ヵ月半を要して約2割の上昇率で終了した後、1ヵ月程度の調整により約1割の値下がりを示した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧