ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

日本人メジャーリーガーの使い方が
上手い球団、下手な球団

相沢光一 [スポーツライター]
【第333回】 2015年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

イチローのマーリンズ加入で
日本人選手未在籍の球団は残り1つだけに

 ニューヨーク・ヤンキースをFAで退団したイチローの移籍先が決まった。マイアミ・マーリンズである。

 年俸は200万ドル(約2億4000万円)。最盛期(08~12年・シアトル・マリナーズ)は5年総額9000万ドルの巨額契約を勝ち取ったイチローも41歳を迎えた今、選手としての価値はかなり落ちてしまったようだ。

 とはいえ、マーリンズはイチローを獲得できたことを大喜びしているようで、特別待遇の迎え方をした。約1万2000キロも離れたマイアミから、ゼネラルマネージャー、球団社長、編成本部長の幹部3人が駆けつけ、日本で入団記者会見を行ったのだ。

 その理由をヒル編成本部長はこう語った。

 「今日は歴史的な日。わがマーリンズにとって初の日本人選手だからこそ、イチローの故郷である日本で発表することが非常に重要だと考えた」

 だからこそ最大の礼を尽くしたわけだ。

 野茂英雄がロサンゼルス・ドジャースに入団したのが1995年。日本選手でもMLBで通用することが証明されて以降20年間で56人の日本選手がMLB球団に入団した。

 MLBはアメリカンリーグとナショナルリーグで15球団ずつ、計30の球団がある。昨年まで日本選手が在籍したことがある球団は28。今回、マーリンズがイチローを初の日本選手として迎えたことで29球団となった。残る1球団はシンシナティ・レッズだけとなったが、レッズも球団の方針で日本選手を避けているわけではないようで、単にこれまで縁がなかったということだろう。

 野茂がMLBに挑戦した時は冒険のように思われたものだ。それが今、日本選手がMLB全球団のユニフォームを着る日が近くなるとは。改めて先陣を切って挑戦しレールを敷いた野茂と、それに続いて実績を重ねた選手たちの奮闘を称賛したい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧