ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

年金の次は「健保危機」の予兆!
協会けんぽが保険料引き上げ

週刊ダイヤモンド編集部
2010年2月26日
著者・コラム紹介バックナンバー

 年金の次は「健保危機」の到来である。「協会けんぽ」(旧政府管掌健康保険)が来年度以降の保険料引き上げを決定した。都道府県平均で1・14ポイントアップの9・34%。保険加入者の支払い保険料(雇用者と折半)は、平均年収386万円の場合、年間2万2000円も増える。

 協会けんぽには、大手企業中心の「健康保険組合」がない中小・零細企業の従業員が加入している。デフレ下で給料が減り続けるなか、この保険料引き上げが家計に打撃を与えるのは確実だ。

 しかし、背に腹は代えられない。協会けんぽの単年度赤字額は6000億円(2009年度)。06年度に5000億円あった準備金は底を突いており、最終的な赤字額は4500億円に達している。

 「国民皆保険」の日本では、協会けんぽ、健保組合のほかに、農業従事者や自営業者が加入する「国民健康保険」、公務員や学校の教職員が加入する「共済組合」等がある。今回はこのうち、協会けんぽの引き上げが決まったわけだが、他の制度も状況は同じで料率引き上げは時間の問題だ。

 しかも、健保組合や共済組合に関しては、後期高齢者医療費に対する支援金の負担割合を引き上げる法案が今国会に提出されている。健保組合を例にとれば、すでに年間2兆7377億円、保険料の44%(08年度)が高齢者医療制度に回されているが、それがさらに増えるというのだ。恵まれている健保組合は狙い撃ちされた格好だ。

 「各組合が予算策定中だが、料率アップせざるをえない環境にあることは間違いない」(健康保険組合連合会)。医療制度を支えてきた「国民皆保険」の屋台骨が揺らぎつつある。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 千野信浩)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧