ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く女子の職場サバイバル術 小出真由美

一般職女性が総合職になるのは得か?損か?

小出真由美 [日本マンパワー 人材開発企画部 研究開発グループ 専門課長]
【第9回】 2015年2月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
もしあなたに一般職から総合職への転換の話がきたら、どうしますか?

 「実は我が社では、『一般職』という職種をなくして、全員『総合職』にすることにしたんです。そこで、これまで一般職だった女性にも、もうちょっと意識を高く持って様々な仕事を担ってほしいと思っているのですが……。当の女性の意識が変わるにはどうしたらいいでしょう?」

 最近、このように企業の人事担当者から、これまで一般職として働いてきた女性の役割拡大について、相談されることが増えてきました。実際、女性の活躍推進の取り組みなども進む中、昔は一般職と総合職で分けられていた男女の仕事内容も、今後は全員が総合職となることで、女性が補助的な仕事だけを行うことをなくす取り組みも多くの企業で増えています。

 しかしそうした取り組みをしたとしても、当の女性の意識が以前とまったく変わらなければ、会社としても何のために給料を上げてまで彼女たちを一般職から総合職にしたのかわかりません。一方、女性社員にしてみれば、急に会社の方針が変わり、名ばかりの総合職にさせられて給料は少し上がったものの、これまでと部署も仕事内容も変わらなければ、不満がたまるのも当たり前です。

 このことからもわかるように、女性の職種だけを変えても急にはうまくいきません。では、何をどうすれば会社側の意図は伝わり、女性が会社内での役割や職域を広げていけるのでしょうか。

一般職女性によく見られる
「変化が嫌い」「チャレンジしたがらない」

 今まで一般職として働くというと、部署の中の補助的な仕事や、比較的決まったルーティーンの業務をメインで行っていることが多かったかと思います。つまり、毎日きちんと同じことを同じクオリティーで処理するという意味では“プロ”であり、その仕事を任せておけば他の人は安心して他の仕事に専念できるということで、今まで一般職が職種として成り立ってきました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小出真由美[日本マンパワー 人材開発企画部 研究開発グループ 専門課長]

株式会社日本マンパワーで、女性向けのキャリア研修として、女性がライフイベントをポジティブに捉え、自分の軸を持つことで、働く上でのキャリアをどう描くか等をテーマにした研修を開発。その傍ら、産業カウンセラー、キャリア・デベロップメント・アドバイザー、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種マスターコース、ワーク・ライフ・バランスコンサルタントなどの資格を持ち、組織内のキャリア、メンタルヘルス、ワーク・ライフ・バランスの施策のコンサルティングや、各種セミナー講師も行っている。
日本マンパワーHP

 


働く女子の職場サバイバル術 小出真由美

「管理職になりたがらない」「結婚や出産すると仕事へのやる気がなくなる」……こういった先入観を持たれがちな女性社員たち。もちろん全員がそうではないけれど、その偏見から男性上司などとぶつかる機会や、同性同士でも既婚と独身で考え方のズレが生まれることもあります。安倍政権が女性の活躍推進を打ち出し、ますます働く女性の登用が進むなか、働くふつうの女性たちはどう職場で生き抜けば、働きがいや給与を得られるのでしょうか? そのサバイバル職場術を様々なシチュエーションから考えます。

「働く女子の職場サバイバル術 小出真由美」

⇒バックナンバー一覧