ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

アウトソーシングを超えた社外との共創!
P&Gのオープン・イノベーション大作戦

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第9回】 2009年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「The Kremlin on the Ohio」(オハイオのクレムリン=旧ロシア帝国の宮殿)とまで呼ばれた強い自前主義の企業が、「NIH」(not invented here:自社開発にこだわる傾向)から「PFE」(proudly found elsewhere:堂々と社外から見出す)に大転換――「コネクト・アンド・デベロップ」という戦略実行のため、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が行った改革を表した言葉だ。

 コネクト・アンド・デベロップとは、社内外とのコネクションを活用して、想定を越えた技術を開発することでイノベーションを起こそうというアプローチである。第三回でイノベーション・ネットという社内システムについて紹介したが、今回は社外に延びるP&Gのエキスパート・プラットフォームについて議論したい。

社外リソースの活用で
R&D効率を6割改善

 1990年代末のP&Gは、社内に閉じたR&Dの限界に直面していた。R&D効率の低下に悩んでいたのである。そこで、2000年に最高経営責任者となったアラン G.ラフレイは、イノベーションの半分を社外調達するという目標を掲げた(P&Gのラリー・ヒューストン,ナビル・サッカブ著「P&G:コネクト・アンド・ディベロップ戦略」ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー 2006 年8 月号に詳しい)

 しかし、これは単なるアウトソーシングではない。P&G社内の人材と社外に150万人いると考えられる人材を結び付けて、新たな製品を世に送り出すということである。こうして世界中のリソースから顧客ニーズに合致した技術を獲得するようになった効果は劇的だ。2000年に改革に着手してから5年ほどで、社外で開発された要素を含む新製品は15%から35%に上昇し(2007年には50%を超えた)、R&D効率は6割近くも改善したのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

グループウェアに始まり、ナレッジマネジメント、最近ではEIP(企業内情報ポータル)と、話題の概念で語られ続けてきた社員向け情報システム。企業にとって永遠の課題である社内ウェブの理想的な作り方を、先進事例を紹介しながら探る。

「本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ」

⇒バックナンバー一覧