中国 2015年2月16日

『韓非子』を読めば習近平がわかる?
「反腐敗」も「法治」もぜんぶ中国の古典に書いてある

1974年、鹿児島県生まれ。邱永漢氏に師事し、2005年より、チャイニーズドリームを夢見て北京で製パン業を営む荒木氏。今年の中国の正月「春節」は2月18日~24日。この時期が近づくと街は一気に華やぐという。ただ、この一大イベントにも、習近平政権の腐敗撲滅キャンペーンの影響が……。

春節は経営者にとって最悪の月

 今年も私にとって、1年でもっとも頭の痛いイベントである「春節」、またの名を「旧正月」がやってきた。中華圏の人々にとっては、春節は大変喜ばしい待ちに待ったイベントであるのだが、残念ながら私には真逆である。街のテンションが上がるにつれ、比例するかのように私の気持ちは重く下がる。

 春節を手放しで喜べないのは、何も私だけではない。少なくとも企業経営者にとって、春節は個人的には楽しみであっても、同時に気が重いはずだ。

 真っ先に挙げられるのが資金繰りだろう。ほとんどの企業で売上は通常月の60%前後まで落ち込む。一部の観光業や繁華街のレストランなどの例外はあるにしても、一般的な企業の経済活動は停滞する。

 しかも、追い打ちをかけるように、この時期に「紅包」といういわゆるボーナスを払う習慣がある。しかも春節期間の休日出勤に関しては、通常の給与に加えさらに3倍の過給金を支払わなければならい。

 私の経営している製パン会社も、お客様が春節期間も営業しているので、春節期間中も稼働させなければならない。通常月より売上が60%前後に落ち込んだあげく、人件費は通常月よりも増えるという、経営者にとってはなんとも嬉しくない事態に陥るのである。規模の小さい小売店やレストランは、軒並み春節期間は店を閉める。赤字が確実なのに店を開ける奇特な店主はいない。

 この春節期間、ただでさえ資金繰りが厳しく慌ただしいのに、これだけでは済まない。政府機関の動きが最も活発になるのも、残念なことにこの時期なのだ。

 予算のノルマがあるのかどうかはわからないが、ふだんあまり見かけない政府機関も含め、抜き打ち検査がグッと増える。工商局、労働局、社会保険局、消防局、税務局、安全科などが、あれが悪いこれが不合格と書類を置いていく。なかにはとんでもない罰金を請求されることもあり、資金的にだけではなく精神的にもボロボロになる。

売場は春節一色【撮影/荒木尊史】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。