ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人を動かす 説得コミュニケーションの原則
【第2回】 2009年10月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

メールを送っただけではダメ!
相手に自分の話を聞いてもらうコツ

1
nextpage

メールを見ない相手を
“悪い”と決め付けてはダメ

 次の事例を、あなたはどう思うだろうか。

 開発部の三沢さんは、品質管理部の横手さんにメールを出し、資料作成の依頼をした。同じ工場内だが、開発部と品質管理部は離れていて、建物を一まわりしなくてはならない。

 翌日の昼。2人はぱったり食堂で出会った。早速、三沢さんは、
 「資料の件、お願いしますね」
 「資料の件って?」
 「昨日、メール送ったじゃないですか」
 「え?……見てないよ」
 「困るな、メールが届いたら見てくれないと」

 横手さんは、むっとしたらしく、
 「勝手言わないでほしいな。昨日は1日出張でいなかったんだ。今朝メール開けたけど、50件ぐらい入っていて、まだ全部見ていないよ」
 「でも、こっちはメール送って頼んでおいたことだから」
 「オレは、そっちのメールの番しているわけじゃないんだ。そんな大事な用件なら、なぜ、電話の一本ぐらい、よこさないんだ」

 横手さんは、乱暴に言い捨てて、立ち去ってしまった。

 メールは、見る可能性と同様、見ない可能性もある。メールを送ったら見ないのは相手が悪いと、決めつけていないだろうか。見る可能性だけにこだわっていたのでは、説得のメッセージは相手に届かない。

 発信の手段はメールだけではない。大事な用件を伝えるなら、電話で相手の了解を得た上で、内容はメールで伝える方法もある。メールは記録に残る要素もあるのだから。

目の前の相手が
“聞き手”とは限らない

 相手=聞き手ではない。発信=受信ではない。まず、こんなエピソードから。

 わたしは、社員研修の講師を頼まれて、5月、ある会社にお邪魔した。応接間に案内されて、ソファに腰をおろして間もなく、若い女性がコーヒーを持って入ってきた。

 「どうぞ」

 コーヒーをテーブルの上に置く彼女の姿は、いかにも初々しく、思わず、わたしは声をかけた。
 「キミ、新入社員ですか」

 彼女の答えは、
 「ミルク、入れますか」
 だった。相手の耳に、わたしの言葉は届かなかったようだ。
 「ええ、入れてください」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

1983年株式会社話し研究所を設立。2004年に会長に就任。「コミュニケーション」を軸にした講座、講演を企業、官公庁を中心に行い、話し方研究所でもセミナーを開催。主な著書に、『人を動かす会話術』『上手な「聞き方・話し方」の技術』などがある。


人を動かす 説得コミュニケーションの原則

説得術のマスターするために「テクニック」や「スキル」に飛びついても、基本となる原理・原則を踏まえなければ役には立たない。本当の説得力を身につけるために必要な「人の心を動かすコツ」を解説。

「人を動かす 説得コミュニケーションの原則」

⇒バックナンバー一覧