フィリピン 2015年2月19日

フィリピンでも極真空手が大人気
道場の稽古を見学してみた

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者の ためのなんでも相談所」を運営しながら、仕事のパートナー一家と一緒に暮らす志賀さんのフィリピンレポート。実の孫のように愛情を注ぐKIANに礼儀と片づけを教えたい! フィリピンでも人気の空手道場体験記です。

 ビジネスパートナー、ジェーンの息子で、私にとっては孫代わりのKIANは、4歳にして幼稚園に通う傍ら、英語の家庭教師、公文、ピアノ教室と親馬鹿チャンリンの典型みたいな生活をしている。テレビマンガばかり見て時間をつぶすよりもよほどマシだと、両親も私も気にかけない。

 今度は、毎週土曜日に通っているマカティスクエアの2階に極真館空手の道場があるのを発見して、さっそく様子を見に行った。

 MAKATI SQUARE ARENAという、もとはボーリング場だったところに各種格闘技の練習場があった。ボクシング、テコンドー、キックボクシング、それに極真空手の看板を発見。その時はボクシングしかやっていなかったが、パンフレットによると、空手教室の入会金はユニフォーム代込みで2000ペソ(約5400円)、月謝は子どもが1000ペソ(約2700円)、大人が1500ペソ(約4000円)で、なんとか賄えそうだ。ちなみに、日本人の月謝はなぜかこの倍だ。

 稽古があるのは月水金の夕方5時からと7時からの2回、1時間半、木曜と日曜が午前10時半から昼の12時までなので、KIANは毎週、日曜に通わせることにした。体を動かすのがなにより大好きなKIANだから、きっと喜ぶだろう。Kidzooona(子供向け娯楽施設)で毎回400ペソ(約1080円)払うより、よほど安上がりだ。

 そのうえ空手や柔道なら、KIANのメタボ気味の体も締まり、礼儀作法も身につけられるばかりか、自分が強いという自信がついて、精神的に強い人間になれるのではないかと期待した。正直な話、公文やピアノはKIANに合っているとはいい難い。しかし学校の成績ばかりではなく、格闘技や音楽も身につけたいというのは、私の子どものころからのあこがれでもあった。

 そんなわけで、私(と両親)の期待を一心に背負って、(お父さんの後を継いで)未来のフィリピン国家警察長官の道を歩むのがKIANの人生なのだ――そのころ私は100歳を超えていて、この目で見ることは不可能だろうが。

Arena(闘技場)と称する体育館には、各種格闘技の教室がある【撮影/志賀和民】
空手教室は極真館のフィリピン支部の経営で、そのポスターが誇らしげに掲示されている【撮影/志賀和民】

次のページ>> 礼儀と片づけが大事


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。