ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

住信・あおぞら「経営統合」の可能性は低い

週刊ダイヤモンド編集部
2007年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「あおぞら銀行は住友信託銀行との経営統合のシナリオを、意図的に流しているのではないか」(住友信託銀行の関係者)

 住友信託銀行とあおぞら銀行は11月20日、包括的な業務提携を結ぶことで基本合意したと発表した。だが、両行の認識にはずいぶん温度差があるようだ。

 今回の包括提携は、不動産、信託・財産管理、資産運用関連事業の3分野。「住信にしてみれば、あおぞらが抱える地銀ネットワークを活用できる。かたや、あおぞらにしても、年金信託、遺言信託や不動産業務などの商品を提供することで、顧客の流出を防ぐことができる」(笹島勝人・JPモルガン証券シニアアナリスト)というように、提携に一定の評価はできる。

 だが、両行の経営統合となると、話は別のようだ。

 両行が経営統合を検討していくとの第一報が出た20日、住信の株価は一時、下落。一方であおぞらの株価が上昇した。

 こうしたなか、住信は「経営統合を検討している事実はいっさいない」と、火消しに躍起となった。

 かたや、あおぞらも経営統合の事実を否定するコメントを発表したものの「一部のメディアに対し、住信との合併や金融持ち株会社による経営統合の含みを残す発言をしていた」(関係者)という。

 要するに、うわさの発信源はあおぞらであるようなのだ。

 その理由の一つとして、「あおぞらは経営統合を焦っているのではないか」(某地方銀行幹部)との声も上がっている。

 あおぞらは、大手銀行グループ8社のなかで、資産規模で最も劣っている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧