ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

ギャンブル依存症536万人説!?
生活を賭けたらもはや娯楽ではない(上)

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第105回】 2015年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 テレビドラマの新クールが始まって二週間ほどすると、週刊文春にあのページが登場する。『今井舞(毒)ブッタ斬り!』である。今井舞という超辛辣で超毒舌なテレビ評が始まったのはほんの三、四年前のことだ。

 初めて彼女の記事を読んだときは、本当にブッ飛んだ。新番組を一刀両断に切り捨てる見事さは、惚れ惚れするほどだった。毒にまみれてはいるが、彼女の指摘はあまりにも的を射いていて、しかも、誰も言いそうにない厳しいことを言っているからである。

 今井舞が口を開けば、故ナンシー関なんか華奢なお嬢さんにしか見えないかもしれない。クドカンこと宮藤官九郎ですら、彼が脚本を担当する新番組が始まる前は、今井舞の「ブッタ斬り」が怖い――、と文春連載のエッセイに書いていたほどだ。今井舞は人前に姿を現さないが、週刊文春の担当編集者が言うには、ロングヘアーの美女とのことだ。会ってみたいぞ。

 新春ドラマを、今井舞はこんなふうに評した。たとえば大河ドラマ。

 〈大河といえば、昔は錚々たる大物の俳優陣が、一年かけて歴史を紡ぐ、大人な作品として、確固たる地位を築いていたのに(中略)『花燃ゆ』は、ただ「若い人気女優を大河の主演に据えるため」という業界の都合が透けて鼻白む。どんな経緯で始まっても、作品が面白ければ文句ないのだが。主演の井上真央が、川原で大沢たかおと転んでドキドキ、神社で東出昌大の涙に胸キュンと、「花より男子」と同じベクトルで大河を描かれても(中略)「幕末男子の育て方。」ってキャッチコピーも「大河版イケメン☆パラダイスはじめました」って張り紙みたいで偏差値低(中略)大河は大河にしかできない世界観、そして物語、役者陣というものがあったのに。長年築いたその価値を自らうっちゃり、イケパラ的なものに庇を貸してしまった結果、昔からいた大河ファンはすっかり遠のき、かといってイケパラ好きが見るでもなく、母屋取られてもらい水ぴちょーん。数滴であと一年を凌がねばならない(後略)〉

 彼女の手厳しさはこんな感じだ。
 『家政婦のミタ』と同じ脚本家・制作スタッフが送る『○○妻』は、

 〈現代版二口女的な設定を思いついたまではいいが、味つけはハッタリと外連味(けれんみ)だけ。広げられるだけ大風呂敷を広げる「見せ物小屋手法」も相変わらず。しかし、ミタの時ほど「見せ物」に求心力はなし。無表情で時々激昂し大声を出すという柴咲コウのキャラクターは、ミステリアスの説得力不足で、単なる情緒不安定にしか見えず。夫役の東山紀之も、エキセントリックな妻の引き立て役という損な役回りも手伝って「この人、こんなヘタだったっけ?」という愚鈍な一本調子。納得いく回収が期待できない。浅い伏線が張り巡らされた柳の下に、制作側が期待する二匹目のドジョウの姿は、ない〉

 淀みなく新作をブッタ斬る今井舞が、今期ワーストと切り捨てたのがTBSの『流星ワゴン』だ。日曜夜十時の放映時間には、かつて『半沢直樹』や『ルーズヴェルト・ゲーム』なども放映されました。別名・香川照之レギュラー枠もしくは香川照之しかいないのか枠。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧