ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アマデウスたち

石井リーサ明理
光を操り、夜を見せる

週刊ダイヤモンド編集部
【第92回】 2009年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
石井リーサ明理
写真 加藤昌人

 パリは夜が美しい。クラシックなランタンに照らされる石畳の小道も、歴史的建造物のライトアップも、最先端の技術と緻密な計算が施された人工的な照明でありながら、文化や歴史への敬愛が込められていて、どこかぬくもりを感じる。パリが「ヴィル・ド・ルミエール(光の街)」という異名を持つことを、その美しい人は教えてくれた。名前は明理(あかり)。照明デザイナーのパイオニアである母、石井幹子が名づけた。ミドルネームのリーサは母の師であり、フィンランドを代表する照明デザイナーから譲り受けた。光に導かれるように、同じ世界に生きることを選んだ。

 1999年、留学先のパリを拠点に選び、ノートル・ダム大聖堂のライトアップのリニューアルにかかわった。2001年にはチーフデザイナーに抜てきされる。「その名のとおり聖母マリアの温かな慈愛と、パリの基点としての凛とした佇まいの両方を表現したかった」。厳寒の冬空に繰り返した限りない数の実験と調整。翌年のクリスマスイブの前日、それは闇の中で「翼を広げた」。月の光に似た冷たい白に、陽の光のようなゴールドが浮かび上がるのは、緻密に選び抜かれて配置された光源のせいだ。光を操りながら見せているのは、夜である。

 04年に会社設立、世界中からオファーが絶えない。1年の3分の1ずつをパリと東京で過ごし「地下鉄に乗るように飛行機に乗る」。プロフェッショナルとしての自負が多忙な毎日を支える。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 遠藤典子)


石井リーサ明理(Akari-Lisa Ishii)●照明デザイナー 1971年生まれ。東京藝術大学美術学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。ロサンゼルス、パリにてデザインを学び、ニューヨーク、東京、パリの照明デザイン事務所を経て、2004年「I.C.O.N」設立。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


アマデウスたち

様々なジャンル、フィールドで活躍する異才にスポットをあてて紹介する。自身の原点となったコト・モノをはじめ、自身が描く夢まで素顔の異才達が登場する。

「アマデウスたち」

⇒バックナンバー一覧