ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヘッジファンドに潜む金融犯罪の闇

表向きは合法でも実は「違法スレスレ」
金融危機を招いた投資手法に潜む“罠”

有友圭一 [デロイトトーマツコンサルティング パートナー],藤澤俊雄 [デロイトトーマツコンサルティング マネジャー]
【第3回】 2009年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これまで2回のコラムを通じて「バーナード・マドフによる歴史的サギ事件」を採り上げ、ヘッジファンドを装った架空投資サギ対策に関する基本的な考え方を紹介した。

 この事件では、プロの投資家までもがマドフの「元NASDAQ証券取引所会長」という経歴や「高名な慈善家」という仮面に騙されて、リスク分析を誤ってしまった。ヘッジファンドを名乗る架空投資サギにより、実に約6480億ドル(約64.8兆円)にも及ぶ巨額の損失が発生したのだ。

 しかし、この「マドフ事件」はあくまでも“架空投資サギ”であり、マドフ・ファンドはフタを空ければ、まともなヘッジファンドの体をなしていなかった。

 ところが世の中には、一見まともな組織形態をとりながらも、違法スレスレの投資手法で荒稼ぎを行なう「れっきとしたヘッジファンド」も少なくないのが現状なのだ。

 そこで今回は、ヘッジファンドが証券サギによって利益を上げているケースが顕著になっている現状において、彼らが行なう合法的な投資戦略に潜む“違法行為”に焦点を当てよう。

 後述するが、実はこのような投資行為が、「世界的な金融危機を招いたリーマンショックの引き鉄を引いた」とも言われている。

 ようやくマーケットに「底打ち感」が漂い始めた現在、「再び動き出しつつある」と言われるヘッジファンド。そんな彼らへ投資するにあたって、投資家が注意すべきポイントは、実に多いのである。

「合法と違法スレスレ」の投資で
収益を上げるヘッジファンドも

 そもそもヘッジファンドは、「市場の非効率性」に注目し、β(ベータ)を超えるリターン、すなわちα(アルファ)を狙う投資戦略を採用する。

 ごく単純に言えば、“α”とは投資におけるベンチマークに対する超過収益のこと、“β”とは市場の価格変動によるリスクの大きさのことだ。

 しかし、資本市場の効率性が限りなく高い場合、市場には超過リターン、すなわちα(アルファ)は存在せず、リスクとリターンの関係は一義的に決定されるはずである。言い換えれば、資本市場にはβ(ベータ)しか存在しない。

 よって、資本市場が成熟するにつれ、αを得る機会は限りなく減少してしまう。そのため、ヘッジファンドは必然的に「合法と違法のスレスレのところ」で収益を上げようと躍起になるわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

有友圭一 [デロイトトーマツコンサルティング パートナー]

グローバル金融機関を中心に様々な業界に対するマネロン規制対応、業務プロセス設計、システム設計・構築、電子マネービジネスモデル策定支援、法規制アドバイザリーなどを手がける。著書に『マネーロンダリング対策の実務』(ファーストプレス刊)など多数。米国公認会計士。英国ウォーリック大学MBA。

藤澤俊雄 [デロイトトーマツコンサルティング マネジャー]

金融機関に対し国内法人設立を含む事業立上支援や法令順守体制構築を得意とする。また、幅広い分野におけるマネロンなど金融犯罪対策支援に精通している。金融犯罪に関連して「仮想世界に忍び寄る金融犯罪」でも仮想世界における金融犯罪対策について連載。


ヘッジファンドに潜む金融犯罪の闇

金融市場に大きなインパクトを与えるヘッジファンド。その実態は、謎のベールに包まれています。この連載では、金融危機後に再び市場に戻りつつある彼らが抱える「金融犯罪のリスク」について分析します。

「ヘッジファンドに潜む金融犯罪の闇」

⇒バックナンバー一覧