ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み
【第4回】 2015年3月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤公一レオ [株式会社 売れるネット広告社 代表取締役社長]

ネット通販ビジネスを知らない
9割の広告マンへ「50の提言」【前篇】

previous page
2
nextpage

広告代理店の広告マンに向けた「25の提言」

【その1】
 まずは大前提として、圧倒的な実力をつけること。それが専門分野であればあるほどいい。そこらへんにいる多くの「一般広告マン」と同じキャリアを積んでも差別化ができない。会社の中の9割の人と違うことをやることが重要なのだ。

【その2】
 総合広告代理店の新人広告マンの多くは、意外にも「ネット」や「ダイレクト」の仕事をやりたがらない。みんな華やかなテレビCMでのブランディングをやりたがる。でも、若くしていきなりオッチャンたちの能力を超え、若くして会社の中でスーパースターに成り上がれる唯一の分野が「ネット」や「ダイレクト」だったりするのに。

【その3】
 ブランディングの世界ではどんなに有名な広告マンであろうと、クライアントに「自分がやったら今までより100%売上が上がる」とは断言できない。
 ただし、ネットやダイレクトの世界ではすべて数値化されているので、本当に実力がある広告マンなら、クライアントに「自分がやったら今までより100%売上が上がる」とズバリ断言できる分野なのだ。

【その4】
 経験的に言うと、広告マンの9割以上は、広告の仕事を「販売業」だとは考えていない。デザイナーの92%は「アート」だと考え、CMプランナーの96%は「エンタメ」だと考え、営業の99%は「クリエイティブな広告」に憧れているのだ。

【その5】
 ネット広告マンは、デジタルな仕事だからこそアナログを勉強すべき。ネット広告人はテクノロジーよりもアナログな「ダイレクトマーケティング」をより徹底的に研究するべき。たかが10年ちょっとのネットに比べ、ダイレクトマーケティングには100年以上もの歴史があり、先人の貴重な知恵があるのだ。

【その6】
 古いマーケティング手法だけをやる広告マンは失敗する。ただし、次世代マーケティング手法だけをやる広告マンも失敗する。堅実に成功したかったら両方をバランスよくやること。もっと言うと、古いマーケティング手法の貴重な知恵やノウハウを、次世代マーケティング手法に活かすことが重要だ。

【その7】
 可能であれば、本を執筆したり、講演をしたり、媒体社に自分を売り込んだりしよう。露出が増えると、先生扱いされて、一般の広告マンとは天と地の差が出る。プレゼンが抜群に通りやすくなることはもちろん、あらゆるクライアントから指名で仕事の依頼がくるようになるなど、ビックリするほどすべてがプラスのスパイラルに動き始める。

【その8】
 広告の最適化ツールは“バカ広告マン量産ツール”になることもある。
 広告では、人間が商品や消費者をしっかりと見極め、売るための企画を徹底的に「考え/実践/検証」する必要がある。そのうえで、効率化のためにテクノロジーを使うのはいいが、テクノロジーでネット広告マンがさらに怠慢になるのはダメなのだ。

【その9】
 広告マンはメディア側に立つのではなく、常にクライアント側に立つべきだ。お金を出しているクライアント側に常に立って、媒体社とコスト交渉する。採算が取れたら、その媒体社へ集中投下して恩を返せばいいのだ。

【その10】
 仕事ができる優秀な広告マンに共通しているのは、外見は堂々としていながらも、内面はとにかく心配性であることだ。つまり、責任感がメチャクチャある広告マンは、キャンペーンを成功させられる。内面でも余裕をこいている広告マンは、だいたいボンクラだ。

【その11】
 ネット広告マンは意外と媒体社と会わない人が多く、基本、メール文化だ。
 でも、デジタルな仕事だからこそ、あえてアナログな人間関係が大事だ。仕事を有利に進めるためには、挨拶や飲み会でもなんでもいいいから、あえて多くの人と「直接会った」ほうがいい。私は今まで100社以上のネット媒体社を訪問した。

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    加藤公一レオ [株式会社 売れるネット広告社 代表取締役社長]

    1975年サンパウロ生まれ。ロサンゼルス育ち。
    西南学院大学経済学部卒業後、三菱商事入社。
    その後Havas Worldwide Tokyo、アサツーディ・ケイ(ADK)で一貫してネットビジネスを軸としたダイレクトマーケティングに従事。担当した全広告主のネット広告が大成功。「レスポンスの魔術師」と呼ばれる。
    2010年、株式会社 売れるネット広告社を創業。
    やずや、味の素、エーザイ、オークローンマーケティング、花王、興和、サンスター、JIMOS、日清食品、ハウス食品、はぴねすくらぶ、森永乳業、山田養蜂場、ライオン、ロート製薬、アサヒフードアンドヘルスケアなどの大手通販から中小通販まで、企業数を絞り限定コンサルティング。
    広告・マーケティング業界のオリンピックと称される「アドテック」で3年連続日本一になる。
    アドテック東京2012 公式カンファレンス 人気スピーカー1位。
    アドテック九州2013 公式カンファレンス 人気スピーカー1位。
    アドテック九州2014 公式カンファレンス 人気スピーカー1位。
    やずやベストパートナー賞受賞。Webクリエーション・アウォードWeb人貢献賞受賞。
    「アドテック」「ネットショップ担当者フォーラム」「ダイレクト・マーケティング・フェア」「宣伝会議」「日経デジタルマーケティング」「通販新聞」など講演多数。
    神田昌典氏主催「マーケティング白熱会議」のゲストスピーカーにも登壇。
    100%事実のみ・仮説は一切なしのセミナーは、他を圧倒するパフォーマンスと大好評。「九州インターネット広告協会」の初代会長も務めた。
    著書に、『単品通販“売れる"インターネット広告』(日本文芸社)がある。

    【売れるネット広告社HP】www.ureru.co.jp
    【売れるネット広告社Facebook】www.facebook.com/ureru
    【売れるネット広告つくーるHP】www.ureruad.jp
    【著者Facebook】www.facebook.com/leokato
    【著者セミナー】www.ureru.co.jp/leoseminar


    <ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み

    広告・マーケティング業界のオリンピック「アドテック」で「3年連続No.1」の“レスポンスの魔術師”が2時間50万円のコンサル内容を初公開! やずや、味の素、エーザイ、花王、興和、サンスター、JIMOS、日清食品、ハウス食品、はぴねすくらぶ、森永乳業、山田養蜂場、ライオン、ロート製薬などの大手通販から中小通販までNo.1の実績。ネットで100%確実に売上がアップする「最強の仕組み」を一挙公開!

    「<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み」

    ⇒バックナンバー一覧