ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

流通からの値下げ圧力に屈せず「肉質守る」
平田牧場会長 新田嘉一

週刊ダイヤモンド編集部
【第65回】 2009年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
平田牧場会長 新田嘉一
平田牧場会長 新田嘉一

 夢と信念を持つ経営は強い。新田嘉一の起業からこれまでの経緯はそう表現するほかない。

 新田は16代続く小地主の長男として山形県庄内地方の平田町(現在は酒田市)に生まれた。

 終戦を目の当たりにし、「これからは炭水化物中心から、タンパク質中心の食に変わる」と日本の食文化の変化を予測する。そこで早速、稲作農家だった父に畜産への転換を持ちかける。

 しかし、水田を売る提案をしたことが父親の逆鱗に触れ勘当されてしまう。

 無一文に近い状態で、たった2頭の豚の飼育を始めた。それが平田牧場のスタートだ(1967年に会社として起業)。

 起業後しばらくして、新田は鹿児島県産の豚肉が山形県産に比べ2倍の価格で流通していることを知る。さらに、69年に国が主催した欧州の視察ツアーに頼み込んで同行、欧州の食文化に接しその豊かさに驚愕する。

 「欧州で食べたハムの味は今でも忘れられない」

 鹿児島県産の黒豚に勝つ。豊かな食卓を日本でも実現させる。それが新田の夢となった。

 そして、その夢の実現のために「肉質を落としてまで価格は下げない」という強い信念を持つようになった。しかし、その愚直さゆえ、危機に直面したこともあった。

肉質を落としてまで価格を
下げることを拒みダイエーとの取引を停止

 たとえば、事業が軌道に乗り始めた75年頃のことだ。

 大手流通のダイエーから豚肉の卸値を下げてほしいという要請があった。ダイエーは月間1000頭以上を納入する平田牧場のいちばんの得意先だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧