ネット銀行比較
2015年3月9日公開(2016年9月27日更新)
バックナンバー

「ネット銀行比較」

著者・コラム紹介

ネット銀行比較

いまや「ネット銀行」なら、メガバンクの金利10倍、20倍は当たり前! 低金利のいまだからこそ金利やサービスを大事なお金を預ける先にこだわりたい。 ザイ・オンラインでは全国どこからでも口座開設ができ、金利も有利なおすすめのネット銀行を徹底比較! 高金利で手数料がお得なネット銀行を活用しよう!

ザイ・オンライン編集部

「じぶん銀行」は「au」ユーザー必携のネット銀行!
1年もの定期預金の金利が2.5倍になるだけでなく、
ATM手数料と振込手数料が無料になるなど特典満載!

1

【2016年9月27日追記】
「プレミアムバンク for au」は2016年11月で、一部サービスを除いて終了することになりました。
「ATM手数料の優遇」「他行あて振込手数料の優遇」「円定期預金の金利優遇」は2016年11月12日21時、「『WALLET ポイントが貯まる』特典」は2016年11月30日21時をもって終了します。なお、「カードローンau限定割(auユーザー向け金利優遇)」は今後も継続されます。

記事内に記載されている「auユーザー向けの特典」も利用ができなくなくなるのでご注意ください。


 メガバンクよりも手数料や金利などがお得な「ネット銀行」だが、その中には「条件を満たした特定の顧客」だけ、さらに有利な条件で使えるネット銀行が増えている。

 例えば、SBI証券」の口座保有者なら金利がアップする「ハイブリッド預金」がある「住信SBIネット銀行」、年会費無料のクレジットカードイオンカードセレクト」保有者なら金利がアップする「イオン銀行」などだ。
(住信SBIネット銀行の関連記事⇒住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる!SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
(イオン銀行の関連記事⇒定期預金金利に匹敵する普通預金があった!普通預金の金利がメガバンクのなんと120倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!

 そして昨年、新たに「au」の携帯電話や「auひかり」などのインターネット回線を使っている「au」ユーザーに対して、大幅な金利優遇や手数料の無料化など、かなりお得な「プレミアムバンク for au」というサービスを始めたネット銀行が「じぶん銀行」だ。

 じぶん銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月3回まで無料
4回目以降は100円
(税抜)
※auユーザーなら月何回でも無料!
同行及び三菱東京UFJ銀行あて:無料
他行あて:161~257円
(税抜)
※auユーザーなら他行あてが月5回まで無料!
【じぶん銀行のメリット】au(KDDI)と三菱東京UFJ銀行が共同でつくったネット銀行。通常、セブン、ローソンなどのコンビニATMは月3回まで無料で、三菱東京UFJ銀行への振込も無料だが、auユーザーならATM利用料がいつでも何回でも無料、他行あて振込手数料も月5回まで無料!
じぶん銀行の公式サイトはこちら

 「じぶん銀行」は、一般の人にとっても悪くないネット銀行だが、「au」ユーザーにとっては「利用しないと損!」と言えるほど、とてもお得な特典を提供している。今回は、その「じぶん銀行」の特徴と、「au」ユーザーに対する特典を詳しく解説していこう。

「じぶん銀行」は、KDDIと東京三菱UFJ銀行の共同出資で誕生

 「じぶん銀行」という銀行名に馴染みがない人もいると思うので、まずは、その成り立ちから簡単に解説していこう。

じぶん銀行」は、「au」の携帯電話や光インターネット回線「auひかり」などを運営するKDDIと、大手都市銀行である三菱東京UFJ銀行が共同出資し、2008年6月に誕生したインターネット専業銀行だ。メガバンクと比較すると歴史は浅く規模も小さいが、金融機関としてのバックボーンはかなりしっかりしており、業績を見ても年々拡大を続け、2014年9月末の時点で口座数180万口座、預金残高6620億円にまで成長している。

出典:じぶん銀行「2014中間期ディスクロージャー誌」

「すべてのauユーザーは、特別扱いされる権利を持っている」という
「プレミアムバンク for au」とは?

 そんな「じぶん銀行」の基本的なスペックは、下の表のとおりだ。

■「じぶん銀行」の基本スペック
 普通預金金利 0.02%
 定期預金
 金利
 3カ月(デビュー応援プログラム※1) 0.37%
 1年 0.10%
 3年 0.10%
 5年 0.13%
 コンビニATM引き出し手数料  セブン-イレブン、ローソン、 ファミリーマート(E-net)で、月3回まで無料、4回目から100円(税抜)
 振込手数料  じぶん銀行、東京三菱UFJ銀行あては0円。他行(東京三菱UFJ銀行以外)は、3万円未満で161円、3万円以上で257円(ともに税抜)
 ※金利は税引き前の100万円を預けた場合の年利率であり、利息には20.315%の税金がかかる。金利、ATM手数料などの情報は2015年10月1日時点のもの。最新の情報は各銀行の公式サイトを確認のこと。※1 口座開設月の翌々月末までの申し込みが対象

 定期預金の金利は、1年ものと3年ものが0.10%、5年ものが0.13%となっている。メガバンクの定期預金金利が、1年もので0.025%、3年ものと5年もので0.03%であるのと比較すると、約3.3~4倍の高金利だ。さらに、新規口座開設者を対象とした「デビュー応援プログラム」では、3カ月ものの定期預金を0.37%という高い金利で提供している。

 また、ネット銀行なので自前の店舗やATMを持っていないが、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート(E-net)というコンビニ大手3社のATMを利用できるので、街中でATM探しに困ることはない。

 しかし、ただでさえ便利な「じぶん銀行」の最大の特徴は、なんといっても「au」ユーザーに対する特別すぎる優遇サービスだ。

「プレミアムバンク for au」のサイト画面

 「じぶん銀行」は、「au」を運営するKDDIが出資している関係から、「プレミアムバンク for au」と称して、定期預金金利の上乗せやATM手数料がすべて無料などの特典を、「au」ユーザー限定で提供しているのだ。

 実際に「じぶん銀行」サイトにある「プレミアムバンク for au」のページを見ると、

  すべてのauユーザーは、
  特別扱いされる権利を持っている。


と堂々と「au」ユーザーを優遇することを宣言している。

 では、「プレミアムバンク for au」を展開する「じぶん銀行」が、「au」ユーザーにとってどれだけお得で魅力的な銀行なのか、解説していこう。

新規口座開設時なら、3か月ものが年利0.52%に金利引き上げ!

 「au」ユーザーが受けられる「プレミアムバンク for au」の特典は、まず金利優遇だ。1年もの定期預金と「デビュー応援プログラム」の3カ月もの定期預金の金利に、それぞれ0.15%上乗せされる。

 わかりやすいように、先ほど掲載した「じぶん銀行」の一般的な金利と「プレミアムバンク for au」が適用された後の金利を比較してみよう。

■auユーザーには、定期預金の金利が引き上げが!
  一般の利用者 auユーザー(※2)
 普通預金金利 0.02% 0.02%





 3カ月(デビュー応援プログラム※1) 0.37% 0.52%
 1年 0.10% 0.25%(※3)
 3年 0.10% 0.10%
 5年 0.13% 0.13%
 ※金利は税引き前の100万円を預けた場合の年利率であり、利息には20.315%の税金がかかる。金利は2015年10月1日時点のもの。最新の情報は各銀行の公式サイトを確認のこと。※1 口座開設月の翌々月末までの申し込みが対象。※2 じぶん銀行のウェブサイト内で「au ID」を登録し、利用しているauの携帯電話や固定通信サービスを設定している人が対象。※3「デビュー応援プログラム」が終了した人が対象。

 まず、1年ものの定期預金金利が、0.10%から2.5倍の0.25%に大幅アップ。メガバンクの1年もの定期預金金利0.025%と比較すると、なんと10倍もの高金利となる。

 メガバンクより金利の高いネット銀行と比較しても、0.25%という数字はかなり優秀だ。ザイ・オンライン調べの「定期預金金利ランキング」を見ると、1年ものの定期預金金利で堂々の3位。3年ものや5年ものの定期預金金利と比較しても、多くの銀行を圧倒している。
(関連記事⇒定期預金の金利で選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!

■「じぶん銀行」の年利0.25%は、他銀行と比較してかなり高い!
順位 銀行名 1年 3年 5年
auユーザーだと1年もの定期預金金利が3.5倍に!
1位  新銀行東京
0.33% 0.40% 0.42%
2位  オリックス銀行
「eダイレクト定期預金~インターネット取引専用定期預金」
0.25% 0.35% 0.40%
3位  じぶん銀行
 auユーザーの場合
0.25% 0.10% 0.13%
4位  住信SBIネット銀行
0.20% 0.09% 0.10%
5位  ソニー銀行 0.20% 0.07% 0.08%
6位  関西アーバン銀行
 いちょう並木支店
0.15% 0.20% 0.20%
7位  大和ネクスト銀行 0.15% 0.15% 0.15%
8位  楽天銀行 0.13% 0.18% 0.23%
9位  イオン銀行 0.12% 0.17% 0.17%
10位  ジャパンネット銀行 0.112% 0.092% 0.102%
11位  セブン銀行 0.10% 0.14% 0.15%
12位  じぶん銀行
 一般利用者の場合
0.10% 0.10% 0.13%
13位  ゆうちょ銀行 0.035% 0.05% 0.06%
14位  新生銀行
「パワーダイレクト円定期預金100」
0.025% 0.60% 0.10%
15位  東京スター銀行 0.025% 0.03% 0.03%
 みずほ銀行 0.025% 0.03% 0.03%
 三菱東京UFJ銀行 0.025% 0.03% 0.03%
 三井住友銀行 0.025% 0.03% 0.03%
 りそな銀行 0.025% 0.03% 0.03%
 ※ 100万円を預けた場合の2015年10月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかる。また、最新の金利は各銀行の公式サイトを確認のこと。

 また、新規口座開設者を対象とした「デビュー応援プログラム」の3カ月もの定期預金金利も、0.37%から0.52%へと大幅にアップする。仮に、500万円をこの3カ月もの定期預金に預けると、3カ月間(92日間)でもらえる利息は6553円(税引前)。これは、約2621万円をメガバンクの定期預金に1年間預けたときにもらえる利息に相当する。

 これらの高金利定期預金だけでも、「au」ユーザーにとって「じぶん銀行」を選ぶ意義は十分にあるが、「プレミアムバンク for au」の特典はそれだけではない。

ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!  カードローンおすすめ比較 住宅ローンおすすめ比較
 【2016年12月1日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.12%
0.10% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.12%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.12%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと120倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.18%
0.01%
0.01%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.14%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2016年12月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

【じぶん銀行】
auスマホの引き落とし先に設定すると、2年間で
最大4800円分のポイントが!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
  • 「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」で
    普通預金金利が6倍に!⇒関連記事はこちら

    「イオン銀行」+「イオンカードセレクト」公式サイトはこちら
  • 「新生銀行」は、ATMの出金手数料が無条件で
    いつでも何回でも無料!⇒関連記事はこちら

    新生銀行公式サイトはこちら!
  • 「住信SBIネット銀行」は、SBI証券と連動
    させれば金利もアップ
    !⇒関連記事はこちら

    住信SBIネット銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!