創続総合研究所
実例でわかる「相続税の完全節税マニュアル」
【第7回】 2015年3月11日
著者・コラム紹介 バックナンバー
曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

貸宅地を売却して相続税を減らす 【相続後の実例6】

相続税の申告までに土地を売却した場合に、路線価評価や不動産鑑定評価よりも低い価格でしか売れないこともあり得ます。そうした場合は、売買価格を「時価」で申告することで、相続税も下がります。借地人が住む貸宅地や別荘地などの不動産については、申告期限までに売却してしまうことで、「時価」申告ができ、節税ができるのです。

財産の7割を占める貸宅地の相続

 森さんの父親は、祖父より土地を相続し、不動産賃貸業をしてきました。自宅と隣接するアパート以外は貸宅地で、土地全体の7割を占めています。300坪の土地に15軒の家が建っており、分筆もしておらず、利用区分も明確になっていないところもあります。

 父親が亡くなったことで相続税の申告が必要になりますが、まとまった預金がないため、できるだけ節税をして相続を乗り切りたいという気持ちです。納税資金の捻出のためには貸し地を売却するしかないと家族では話をしています。

 森さんの父親が祖父の代から引き継いだ不動産ですので、特に、貸宅地については当時からの地代のままで値上げをしてきていません。そのため、収益性は悪く、固定資産税を払うのに苦慮しているような状態で、ここ何年も自転車操業の状態でした。預金もほとんどなく、とても相続税を払う余力はありません。

 そこで、不動産の相続に強いところを探して当社に依頼されました。

  • 1
  • 2

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

曽根恵子 [公認不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士]

日本初の相続コーディネーターとして1万件以上の相続相談に対処。感情面、経済面に配慮した「オーダーメード相続」を提唱し、安心で円満な相続の実現に取り組む。著書に『相続に困ったら最初に読む本 』(ダイヤモンド社)、『相続はふつうの家庭が一番もめる』(PHP新書)など多数。 ホームページ http://www.yume-souzoku.co.jp/


実例でわかる「相続税の完全節税マニュアル」

亡くなってからでも、生前でもできる「相続税の完全節税マニュアル」を実例で解説。プロでならではの「評価を下げる」「納税を減らす」「財産を減らす」という切り口で、一般家庭が数千万~億単位で節税できる「劇的な節税策」を伝授します。

「実例でわかる「相続税の完全節税マニュアル」」

⇒バックナンバー一覧