フィリピン 2015年3月23日

カトリックの国・フィリピンをローマ法王が20年ぶりに訪問

フィリピン在住19年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営しながら、仕事のパートナー一家と暮らす志賀さん。今年1月、国民の約80パーセントがカトリックの国・フィリピンをローマ法王が訪問。国を挙げての歓迎の様子をレポートします。

 すでに2カ月が過ぎたが、2015年1月15日(木)にローマ法王が20年ぶりにフィリピンを訪問した。80パーセントの国民がカトリックというフィリピンは、メキシコ、ブラジルに次いで世界で3番目にカトリック信者が多いそうだ。そのため国を挙げての大歓迎で、マニラ首都圏には1000万人の信者がフィリピン全土から集まった。

 大統領府は、法王が到着する15日(木)から出発する19日(月)まで、なんと5連休にすることを決定した。これは警備による首都圏の交通マヒを避け、国民が法王のミサに集中できるようにとの配慮だそうで、それに異議をとなえる不謹慎なものは皆無だった。

 街のいたるところに法王を歓迎する看板が掲げられ、その熱狂振りを示していた。私が住まいとしているMAKATI PRIME CITY コンドミニアムもしかりだ。

ローマ法王を歓迎する看板やポスター【撮影/志賀和民】

法王到着の日に空港に行く羽目に

 私のお客さんで、法王の到着と同じ日にマニラを訪問する方がいた。バチカンの特別機が 到着する夕方は空港が閉鎖されるとの情報が飛び交い、果たして無事に飛行機が飛ぶのか、到着時間が変更になるのかもわからない。空港周辺の交通が規制され るというので、飛行機が空港に降りてもホテルまで無事にたどり着けるのか、不安は高まるばかりだった。

 フィリピン航空のチケット 売り場に出向いて運行状況を確認したものの、交通規制については確かな情報を得ることはできなかった。そのため、規制が始まる正午の2時間前の午前10時 に家を出た。お客さんの到着予定時刻は午後1時半なので、空港で3時間待つ羽目になってしまった。

 この日は特別休日であることと、交通規制の情報が徹底していたせいか、道路はがらがらで、あっという間に空港まで着いた。途中、スカイウエイ高速道路ではなぜかポルシェなど高級車がグループで疾走していた。

スカイウエイをグループで疾走するポルシェ(左)とローマ法王到着直前の混雑する空港【撮影/志賀和民】

 空港は午後2時以降、立ち入り禁止となっており、各航空会社は到着を早め、2時までに乗客を降ろしてしまおうと算段をした。そのため、昼ごろの空港は出迎え客でごった返していた。人々は長丁場を覚悟して座り込んでいる。タクシーはほとんどいなくて、タクシー待ちの長い行列ができていた。

 なんとかお客さんと会うことができたが、そのときはすでに空港からマニラ市に向かう道は閉鎖されていたので、空港を反対方向に南に回ってマカティに戻ることになった。けっきょく、この出迎えでほとんど一日を費やしてしまった。 

空港閉鎖を告げる看板【撮影/志賀和民】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。