ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

IT投資の方針を決める
1枚のシートの作り方

――IT戦略施策のビジネスポートフォリオの作成

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第38回】 2015年3月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

IT中期計画の立案などで、事業部門やIT部門が起案するIT戦略施策および投資案件に対して、経営者が施策実行の可否や投資の優先順位を正しく判断するためには、これらの相対的な位置づけをわかりやすく説明することが有効である。1枚の図で複数の施策の位置づけを俯瞰的に表現するビジネスポートフォリオの作成を推奨する。

経営者が求める判断材料とは

 次年度に向けたIT予算計画や、中長期IT計画を策定する時期になると、IT部門は、中期経営計画の読み解き、各事業部門の事業戦略のヒアリング、IT部門における課題の整理などを行い、これらを取りまとめて戦略施策案を列挙した資料を作成して、経営の意思決定を仰ぐのが一般的だ。

 このプロセス自体に問題があるわけではないが、経営者から聞かれるのは、「一つひとつの施策は、もっともらしく効果が述べられているものの、相対的にどれが重要なのかがわかりにくい」という不満の声である。

 IT部門が取りまとめるIT計画における戦略施策リストには、施策の概要、現状の課題、見込まれる効果などが記載されているものの、その書式、記載項目、表現(定量/定性など)は必ずしも揃っておらず、複数の施策を俯瞰的に把握し、客観的に評価できるようにはなっていないことがその原因といえる。

 経営者は、個々の施策案件の背景を詳しく知っているわけではないので、書面上に記載された内容を頼りに、実行の可否や投資の優先順位に対する判断を下さなければならない。

 事業部門からのニーズに基づくIT戦略施策が多数あげられる場合もあるが、要望した事業部門では自部門の案件が最優先だと考える傾向にあり、これらの投資妥当性や優先順位を正当に比較することは困難といえる。

 したがって、経営者は1枚から数枚の簡潔な資料で、複数の施策を俯瞰的に把握し、客観的に評価できるビジネス視点の判断材料を求めている。そこで、複数の施策を1枚の図にプロットしたビジネスポートフォリオの作成を推奨したい。

経営視点の評価項目に絞り込む

 経営者が投資判断を下すうえで重要な評価基準とは、どのようなものであろうか。

 IT投資や戦略施策の実行可否や優先順位を検討する際の判断基準となる要素は様々考えられるが、経営者が最も重要と捉えるのは、経営上の重要性、期待される効果、そして投資規模の3点に他ならない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。現在は大手ユーザー企業のIT戦略立案・実行のアドバイスおよびコンサルティングを提供する。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧