ZAi ONLINE SPECIAL SITE
ZAi ONLINE SPECIAL
2015年3月20日

自分にピッタリのカードを探そう!
クレジットカード
見直しのポイント!

手持ちのクレジットカードは本当に自分にピッタリの1枚だろうか。季節は春。新生活の始まりとともにさっそく見直しをしたいもの。アドバイスしてくれたのは、ポイントポータルサイト「ポイ探」代表取締役の菊地崇仁さんだ。
取材・文/佐藤祥子 イラスト/熊野友紀子 撮影/山本祐之

貯まったポイントを
何に使いたいのか考える

 世の中に数多く出回っているクレジットカードの中から、自分にピッタリの1枚を探すのはなかなか大変だ。「ポイ探」代表の菊地崇仁さんによれば、最近は付帯サービスを削って還元率を高く設定するタイプと、逆に還元率は低くても付帯サービスや特典などを充実させるタイプの二極化が目立つという。

 「ポイント還元率で見れば、年会費無料で1%以上あるオトクなクレジットカードも増えてきました。見直す際には、(1)ポイントを貯める目的を考え、(2)還元率を比較し、(3)集中して貯めることです」

 特に重要なのは(1)の目的だ。いくら還元率が高くても活用できなければ0%と同じで意味がない。その次に、効率よく貯めるために還元率をチェックする。一般的なカードは還元率0.5%程度だが、やはり狙い目は1%以上だ。

 「還元率によってオトク度が2倍も3倍も違ってくるのでしっかり比較したいですね」

 最後は、水道光熱費やケータイ料金、保険料といった固定費をはじめ、すべての支払いをメインカードに集約させること。ポイントを分散させず無駄なく貯めていくことが大切だ。

コスパにとらわれず
じっくり検討するべし

 コストパフォーマンスで見れば、年会費無料のカードを選んだほうがいいのは確か。だが菊地さんは「年会費が有料でもポイント還元で結果的に得するケースも多いため、年間利用額による分岐点も考えたい」とアドバイスする。スーパーや百貨店系のクレジットカードも、毎日利用しなければ必ずしもオトクというわけではない。むしろ高還元率カードのほうが効率がいい場合もあり、一歩下がってみることが必要だ。これらも頭に入れながら検討しよう!