昨夏のなんちゃって謝罪以降、朝日新聞は「みなさまに深くおわびします」とか「みなさまの声に耳を傾け続けます」とか「忌憚ない批判と提言を」とか「重い教訓と受け止めます」と謙虚っぽい嘘ばっかり言い続けてきた。だって、ぜんぜん反省してないんだもの。ありもしなかった慰安婦の「強制連行」をあったと言い続けた「大誤報」と、吉田調書の「でっちあげ」記事である。

 朝日新聞の記者さんってのは優秀なのかと思っていたが、実はテケトーに記事を書いてたらしいことも昨夏のなんちゃって謝罪で発覚した。

 『「(強制連行の記事を初めて)執筆した大阪社会部の記者(66)は『講演での話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった』と話す」と記しました。

 しかし、その後、この元記者は当該記事の執筆者ではないことがわかりました。おわびして訂正します。

 元記者は社内の取材班の調査に対し、当該記事を含めて吉田氏(註:軍命で韓国人女性を強制連行したと嘘の証言をした人物)に関する記事は実際に書いていました。

 特集記事の掲載後、当時の大阪社会部にいた別の元記者が「吉田氏の記事を書いたことが一度だけある。初報は自分が書いた記事かもしれない」と名乗り出ています』

 これは昨年九月二九日の「訂正」記事だが、私が首を傾げたのは、朝日新聞は、国際社会の場で日本を貶めるような「大誤報記事」を最初に書いた記者がわからないと言ったことだ。というか、あの記事を書いたのは俺かも、と二人の記者が手を挙げたことにも驚かされた。

 どうやら、朝日新聞の記者は「自分が書いた記事」も覚えていないらしい。
 換言すれば、どの記事を自分が書いたものか、覚えていないということだ。

 ということは、昨夏のような問題が生じたとき、記事の「責任を取る」記者が朝日新聞社にはいないということにもなる。だから、朝日新聞は「なんちゃって謝罪」しかしないのだ。

 世界に向けて「強制連行はなかった。あれは我が社のねつ造記事だった」との発信もしていない。朝日新聞の記者さんは、読売よりも毎日よりも給料が高いのだから、ほんのちょっと給料を減額して、そのぶんを「謝罪広告」にまわせばいいのに。三〇歳で年収一〇〇〇万円だそうですね。

 ちなみに、吉田嘘証言を最初に記事にした元記者は、後に取締役になり、退職後は大学教授になっています。朝日新聞は大好きな中国と韓国のためなら記事のねつ造をも厭わないので、日本を貶める記事を書いた記者は出世する仕組みになっている。としか思えないような人事だ。