タイ 2015年3月27日

タイ駐在を終え帰国した日本人からの相談
「日本がつまらないタイ人妻」タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:日本で住むタイ人妻が馴染めず…… 

はじめまして。昨年、日本に帰国した元タイ駐在員です。
私の妻はタイ人で、今は日本で一緒に暮らしています。日本語はほとんど話せません。初めボランティアの日本語学校に行っていましたが、勉強する時間が短かったので、普通の日本語学校に行かせようともしましたが、行きたがりません。
 
今は日本語の勉強も止めて、何をやってもつまらない(ナーブア)、楽しくない(マイ・サヌック)と言っています。日本は物価が高く、外に出て何をやるにも高いお金を出さなければいけないので、それもナーブアの原因だと思います。

私は、彼女に日本語を勉強すれば友だちもでき、仕事もできるようになって、楽しくなるよと伝えているのですが、頑張ろうとしません。私もタイへ行った当初は、まったくタイ語が話せなかったので、その事例を出すのですが勉強しません。
 
最近は、家庭内もぎくしゃくしてきています。本人もたまには、自分がストレスで怒りっぽくなってしまっていることを理解しているような発言をします。ストレス発散のために、外に遊びに連れて行っても、根本の言葉ができるようにならないので、焼け石に水状態です。どうしたらわかってもらえるのでしょうか。(うぇいぶ)


【ブンからの回答】

奥様だけの悩みはありませんか?

 うぇいぶさんがタイ語を学んで話せるようになったのに、自分は日本語を話せない。奥様は自分自身に腹を立てているのかもしれません。ですから、まずはじっくり話し合いましょう。

 たとえば奥様が日本に来たために仕事ができなくなり、奥様のご両親にこれまでどおりの仕送りができなくなった――などという悩みを、ひとりで抱えていることはないでしょうか。これは外国人に嫁いだタイ人女性がよく抱える悩みのひとつと聞いています。奥様にとって、なにが塞ぎこむ理由なのか、奥様の心を開いて、話をさせてあげてください。

社会的な繋がりを作ってあげて

 それでもダメなら、タイにいる奥様の親しい友人や尊敬している人に相談してみましょう。また、気分転換に日帰りでもいいからご夫婦で旅行を。そこでうんと写真を撮ってあげるといいでしょう。

 心を開いてあげたら、次の段階。日本語をあまり使わなくてもいい環境で活動してもらいましょう。たとえば、

1)日本で発行されているタイ語情報誌の編集部などが近くにあればボランティアへ。

2)日本の出来事をコラムにしてタイの雑誌社に送る。

3)タイから日本へ来る旅行者のホームステイ先となる。私のフランスにいる知人は朝夕食付き4泊2万6000バーツ(約9万5000円)でたくさんのタイからの旅行者を家に泊めてあげています。自宅でタイ料理でもてなせば喜ばれるでしょう。最近のタイの情報も手に入りますしね。

 社会的に繋がると自ら日本語を習いたくなるかもしれません。

タイと異なる日本での生活に適応できず、悩むタイ人は多い。写真は佐賀県を舞台に撮影されたタイ・ドラマ「STAY -SAGA I'll miss you-」のポスター。

(文/『DACO』 編集部)

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。