ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

いずれ高まる国債購入増額の声
2年目迎える白川日銀の正念場

2009年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月日銀短観の大企業・製造業の業況判断DIは、調査開始の1974年以来最悪の▲58となった。

 先行きの予想が7ポイントの改善を見せた点に救いを見出したいところだが、製造業の生産・営業用設備判断は、大企業、中堅企業、中小企業のいずれも90年代の最悪期を超えた。雇用判断も90年代半ばに匹敵する「過剰」となった。

 昨秋から現在に至る世界的な景気悪化の発火点はリーマンショックだが、その後あらわになったのは、これまで累増してきた経常収支の世界的不均衡の問題である。

 ドイツも日本に似た困難を抱えている。メルケル首相は、最近の「フィナンシャルタイムズ」のインタビューで次のように話していた。

 「ドイツ経済は輸出に非常に依存してきた。われわれの供給過剰を吸収する手段を世界の他の国々に見出してもらう必要がある。ただし、どうか、サステナブル(維持可能)な方法で」。米国の過剰消費を復活させてもしようがないということだろう。

 米国の消費が先行きある程度は回復するにしても、ドイツ、日本、中国など大きな過剰供給力を持つ国々は、今後、サステナブルな輸出先を探す必要がある。困難な課題である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧