ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

当局の抑制策も及ばず過熱
中国新興市場「創業板」の成否

週刊ダイヤモンド編集部
2009年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー

 10月30日、満を持して取引が開始された中国のベンチャー企業向け市場「創業板」は、“さもありなん”の過熱ぶりとなった。初日は上場28銘柄のすべてが一時公募価格の2倍以上に高騰、サーキットブレーカーの発動により一時取引停止に。さらに2日目には、20銘柄がストップ安となるなど、乱高下が続いた。

 10年越しで準備を進めてきた当局は、個人投資家に向け、各種メディアやセミナーを通じて創業板の“リスクの高さ”についてたびたび注意を呼びかけ、深セン証券取引所も「過当な投機を全力で抑制する」と表明していたが、やはり抑え切れなかった。

 もっとも、スタート直後のこれらの動きは“予想の範囲内”である。問題は、今後いかに着地させるかだ。ストップ安が続出した11月2日時点でも平均PER(株価収益率)は102倍に及んでおり、上海・深センメインボードの20~40倍と比べても、明らかに割高だ。「投資家は、上場企業、あるいは創業板そのものが“政府の支援を受けている”という認識で買っている面がある」(鈴木貴元・みずほ総合研究所アジア調査部中国室上席主任研究員)。

 成否を左右するのは、上場企業の質の維持だ。創業板では現在、さらに100社が審査待ちであり、1000社が上場準備中ともいわれる。「ハイテク企業育成」の名の下に有象無象の企業が上場するようなことになれば、投資家の期待は一気に崩壊する。「当局は新規上場あるいは上場維持に厳しい規定を設け、スポンサー証券会社の監督義務も強化するといった措置を講じているが、それらがきちんと実行できるかが重要」(神宮健・野村資本市場研究所北京代表処首席代表)だ。企業側に関しては、特に適切な情報開示がなされるかがカギを握る。

 創業板を“まっとう”な市場に育てられるか否かは、証券市場のみならず、中国経済全体の“健全な発展”を測る試金石となろう。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 河野拓郎)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧