ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

“無計画で、不安定”が武器のネットサービス
カヤック社長 柳澤大輔

週刊ダイヤモンド編集部
【第28回】 2008年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
カヤック社長 柳澤大輔
カヤック社長 柳澤大輔

 「何をするか」より「誰とするか」――。インターネットを活用したサービスの開発・運営を手がけるカヤックの原点は、そこにある。

 社長の柳澤大輔は、大学時代、「いつか起業しよう」と、親友の貝畑政徳、久場智喜とたびたび語り合っていた。もっとも、あくまで学生の“ノリ”で話していただけで、具体的にどうしようと決めていたわけではない。ただ、一つだけはっきり決めていた。「起業するならこの3人でやろう」――。

 大学を卒業すると、3人は、あえて別々の道を選ぶ。柳澤はサラリーマンに、貝畑は大学院へ進学し、久場は米国放浪の旅へ出た。起業したいという思いが本物なのかどうか、確かめたかったのだ。

 2年後、3人の進む道は再び一つになる。1998年、3人は、現在の会社の前身である合資会社カヤックを設立した(2005年に株式会社カヤックに事業引き継ぎ)。

 柳澤が、「何をするか」より「誰とするか」にこだわるのには理由がある。「信頼し合える仲間がいれば、放っておいてもおのずと新しくておもしろいものがつくり出せる」。人と人がつくり出す“場”の力を柳澤は信じている。

 だから起業したときも、何をするか決めていたわけではなかった。大学で学んだインターネット関連の技術を生かして、まずはホームページの受注制作から始めた。

 それから1年もたたないうちに、“場”の力が新しい事業を生み出す。1999年、「777プロジェクト」と銘打って、7月7日に7個のネットサービスを一気に立ち上げると、翌2000年には、「T―SELECT」というTシャツのオーディションサイトを開設。素人が応募したTシャツデザインに、10人以上買い手がつけば製品化できる、というネットならではのユニークな仕組みで注目を集めた。

 それがヒントになって、その後、プロ、アマチュア問わず誰でも、自分の絵画作品を1平方センチメートル当たり約3円で“測り売り”できる「アートメーター」も誕生した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧