ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ハッピーキャリアのつくりかた
【第6回】 2008年2月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
金澤悦子 [『はぴきゃり』編集長/フォーウーマン代表取締役]

褒め美人になろう

 褒め美人といっても、誰かにおべっかを使ったり、ゴマをすったり、ということではありません。自分を大切にできる人のことを、私は褒め美人と呼んでいます。というのも、とかく、女性は自分を過小評価してしまうもの。

 「私なんて…」  「できるわけない」  「どうせダメだから」   云々…

 自分にダメ出しする自分をグレムリンと言うそうです。留学コーディネーターをやっている友人がいつか言っていたのですが、希望している海外の大学に行けるか行けないかのギリギリで、ちょっとがんばって努力すれば行けるのに、諦めてしまう人が多いのだとか。実は相談に来られる方の多くが、止めてもらいたくてやって来るのだそうです。自分でダメだと思っていて、それを改めて他人から言ってもらえると「ああやっぱり」と安心するんですね。それもグレムリンのなせるわざなのでしょう。

マイナスの言葉は
自分自身を傷つけるだけ

 そんな私だって、ついマイナスの言葉を使ってしまうことがあります。でも、この何気なく使っているマイナスの言葉の数々が自分にダメージを与えているって知ってましたか?

 澄んだ川の水には美しい結晶があるのですが、そんな綺麗な結晶を持つ水に罵声を浴びせると、あっという間に結晶は壊れてしまいます。反対に、水道水や都会の川の水など、結晶が壊れている水に、「ありがとう」「キレイ」「感謝」などのプラスの言葉をかけるとなんと結晶ができるんです。人間の体も大半は水分でできています。つまり、この現象はあなたの体にも起こっているということなんです。

 マイナスな言葉で一番傷ついているのは、誰でもない自分自身です。そして、傷ついたあなたからは「ついてないオーラ」が出てしまいます。ついてない人のところに人は集まってきません。そこで、私は意識的に「ついてる自分」を探して、「自画自賛」するようにしています。

 たとえば…

↓たった一人で残業
×「なんで私ばっかり! こんな毎日もうイヤ!」
○「外へ出たら今晩は満月! こんなキレイな月を見られるなんて、私ってラッキー!」

↓マンホールにお気に入りのヒールが刺さっちゃった
×「高かったのに…本当に私ってついてない!」
○「転ばなくてよかった! 私って運動神経抜群だね!」

↓上司から企画書のダメだし
×「寝ないで作った企画書なのに…。なんてダメな私」
○「先方に出す前でよかった。ついてる!」

自分を信じて
自分を褒めよう

 最初は「ついてる自分」を見つけることが難しいかもしれません。それでも、何かにかこつけて、徹底的に自画自賛してみましょう。鏡に向かって言うのも効果的です。口角の上がった笑顔の自分を見ることで、「ハッピーな自分」を脳に記憶させるのです。ちなみに、女性の老け顔と下がった口角はセットです。上がった口角はツキを引き寄せるだけでなく、アンチエイジングにも効果大なんですよ。

 ついてる女性に共通しているのは、「楽天家」であるところ。窮地に追い込まれたときにこそ笑える強さは自分を信じる力です。自分を信じてあげる。そして自分を褒めてあげる。それが運命のきっかけを呼び寄せます。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


金澤悦子 [『はぴきゃり』編集長/フォーウーマン代表取締役]

リクルートを経て、キャリアデザインセンターの創業メンバーとして転職。広告営業部長、広報室長等を経て、2001年、女性のためのキャリア転職情報誌『ワーキングウーマンtype(現:ウーマンtype)』を創刊し、編集長に就任。2004年、同社退社。2005年、有限会社フォーウーマンを設立。同年10月、ブログを活用した「お仕事ブログ」コミュニティサイト『はぴきゃり』を立ち上げ、働く女性のキャリア支援を続けている。お仕事ブログで出会う・つながる・成長する。ハッピーキャリアへの“きっかけ”コミュニティ『はぴきゃり』はこちら


ハッピーキャリアのつくりかた

女性のキャリア支援を続けてきた著者が、これまで出会った数多くの働く女性から得た「ハッピーキャリア」へのヒントを余すところなく紹介。仕事も人生もHappyに生きるコツ教えます。

「ハッピーキャリアのつくりかた」

⇒バックナンバー一覧