株式レポート
4月1日 18時0分
バックナンバー 著者・コラム紹介
マネックス証券

自惚れ - 広木隆「ストラテジーレポート」

誠に面目ない限りである。日経平均ダービーの3月末予想の件である。「締めるところは締める」などとあれだけ大見えを切っておいて、大外れだった。

面目ない ― と、述べたが、べつに謝罪しているわけではない。ネットでは例によって誹謗中傷がたくさん来る。予想を外したことに対して謝罪せよとか、職を辞せとか、云々かんぬん言ってくる。僕はネット掲示板のような書き込みサイトは見たことがないので ― そもそも、あまりインターネットにアクセスしない ― そうした声に接するのは、ツイッターである。マネックスのチーフ・ストラテジストとして顔も名前もさらして、半ば公人としてツイートしている。本当はツイッターもやりたくないのだけど、半分仕事だからしかたない。そのツイッターで、チーフ・ストラテジスト失格だ、辞めろ、などと言ってくる輩がいる。日経平均の月次予想などで職を賭けていては、世の中のストラテジストは全員失業してしまう。

好きな競馬のジョークがある。競馬の予想屋が、予想を外したことを責められてこう言った。
「俺の予想が外れたわけじゃない。馬の野郎が俺の予想通りに走らなかっただけさ。」

これに倣えば、僕の予想が悪かったわけじゃない。相場が僕の予想通りにパフォームしなかっただけである。

何度も書いていることだが、相場に関わるものにとって、「市場は常に正しい」というのは金科玉条である。しかし、それは「真っ当な市場は」という条件付であって、日本市場のようなプリミティブなマーケットはさにあらず、と僕は考える。「常に正しい」わけでなく、往々にして間違う。ジョージ・ソロスくらいの大物になると、「市場は常に間違っている」と公然と言って憚らないが、僕のレベルでは、「往々にして間違う」程度でちょうどよい。

最近の間違いの最たるものは、3月27日、実質新年度入りした日の後場の急落である。後場に入ってその日の高値圏で推移していた日経平均は13時15分ごろから先物が売られたことをきっかけに急速に下げ足を速め、高値からの下げ幅は14時すぎまでの45分程度で約500円近くに達した。この日の市況を伝えた記事の中に、「これはひどい」という市場関係者のコメントがあったが、まさに同感である。

これはひどい、の極みである。僕は常日頃から、株は上がったり下がったりするものだ、それもたいした理由もなく、と言っている。メディアから取材の電話がかかってきて、「今日の株価が下げている背景はなんでしょうか?」と尋ねられると、よくそのような回答をするのである。そう、株は、たいした理由もなく上がったり下がったりする。しかし、理由もなく急落や急騰はしないのである。

27日の急落は、投機筋による売り崩し、というのが衆目の一致するところ。それ以外に急落の理由を説明する意見は聞かれない。では、投機筋はなぜ売ったのか。そんなことを詮索しても答えは出ないのだから、無駄なことである。問題は、この急落が相場のセンチメントを完全に悪化させてしまったことである。

この日の日経平均は、終値では前日比185円安の1万9285円。配当落ちが110円強あったから実質的な下げ幅は80円にも満たない下げでしかない。これが投機筋の投機行動たるゆえんだ。彼らは短期の値ざや稼ぎをしているだけで、売って利幅が出ればすぐに買い戻す。相場のトレンドを変えるものではないのである。

にもかかわらず、結果的に、この急落が相場の地合いを悪化させ、今日の1万9000円割れに至る軟調な展開のきっかけになった。年度末に当たる昨日の相場もひどいものだった。欧米株式市場の大幅高を受けた寄り付き直後の195円高をピークに、軟調な展開に転じ、終わってみれば前日比204円安の安値引けだ。市場参加者が少ないなか先物市場で断続的な売りが出るたびにじりじり下げる展開となり、上昇していた主力株の多くも下げに転じて終えた。こんなに冴えない期末の取引はない。

どうして、こんなに弱い相場になったのか、その本当の理由は後で述べるとして、市場で一般的に語られている悲観論、弱気論をいま一度チェックしてみよう。

① 割高感

一時のように足元のPERだけを見て、割高を指摘する声は少なくなった。この時期、もう終わった年度(2015年/3月期)の業績をもとにした予想PERをもって割高という人が多くいたが、さすがに昨今はそんなことはなくなっている。
念のために言うと、今、日経新聞に載っている予想PERは終わった年度(2015年/3月期)の業績をもとにした予想PERである。日経平均で17倍、TOPIXで18倍である。

今年度(2016年/3月期)はざっくり15%増益程度が見込まれているから、TOPIXでも15倍台に下がる。15倍は割安ではないが割高でもない。これをもって売られる要因には少なくともなるまい。

ここでひとつ重要なことを見逃している。終わった年度(2015年/3月期)の業績が上方修正されることを織り込んでいないのである。日経新聞に掲載されているPERをもとに逆算したEPSは昨年度実績対比、日経平均で0.9%増、TOPIXで2%増である。今期の上場企業の業績が昨年度対比横ばいとはあまりにも保守的過ぎるだろう。第3四半期までは企業の見通しが変わらなければ日経予想も大きくは変わらなかった。しかし、今度は本決算。「見通し」ではないのである。実際に為替で円安の恩恵を被っているなら、「実績」として決算の数字に表れてくる。

クィックコンセンサスベースでは日経平均の予想EPSはすでに1180円。最終着地は1200円になるだろう。そこから今期は15%増益である。EPSは1380円。1万9200円では14倍を割り込む。昨日の終値、すなわち昨年度の終値1万9200円というのは、リーズナブルな昨年度EPSの見込み値1200円をもとにしてPER16倍だ。くどいが、それは昨年度の数字である。今期の増益見通しは含まれていない。

② 決算発表での失望リスク

その肝心の企業業績が失望となるリスクが言われている。しかし、これはどう考えてもおかしな理屈である。一般に言われている見方とはこういうものであろう。

「下旬に始まる3月期決算会社の決算発表でも、企業が持ってくる16年3月期の業績見通しは総じて保守的だと思われる。3月までは15%程度の増益見通しを織り込んだ相場形成になっていたため、企業自身の見通しとのギャップが売り要因になる恐れがある。」(4月1日付け日経電子版「マーケット反射鏡」より抜粋)

どこがおかしいのか。これも毎年言っていることだが、企業が期初に保守的な業績見通しを出すのは毎年のことである。つまり、はじめから分かり切ったことであり、どうしてそれが売り要因になるのか。「3月までは15%程度の増益見通しを織り込んだ相場形成になっていた」というのなら、それが毎度毎度保守的なものになることが分かっている企業側の見通しによってどうして修正される必要があるのだろうか。

これも毎年、まったく同じことを繰り返しているが、企業側の慎重な見通しに引きずられるなら、アナリストの予想や見通しとはなんのためにあるのだろうか。市場が、市場自身の予想を信じられないなら自ら予想することなど止めてしまえばいい。

市場予想は厳然として15%増益であり続けるだろう。たとえ企業が慎重な見通しを出しても、それは変わらない。単純に、「15%増益の企業利益」に目を向けられるか否か、センチメント次第でそれが揺れ動くということだけであって、「企業自身の見通しとのギャップ」が売り要因になるということではない。

③ 米国株に対する懸念

確かに米国株は弱い。第1四半期のNYダウのパフォーマンスはマイナスとなった。これから始まる1-3月期の企業決算は冴えないものとなるだろう。減益が予想され警戒感も強い。しかし、それらを織り込んで弱い相場が続いてきたのであり、株価が低迷したせいでバリュエーションの割高感は薄らいでいる。1-3月期の企業決算は期待が高くない分だけ、ポジティブ・サプライズが出やすく、米国株相場の底入れのきっかけになる可能性もある。

そもそも日本株が堅調だったときは、「米国株離れ」と言われた。日本独自の買い材料で上がっている相場だと言われた。それが軟調になった途端に、米国発の弱気材料を並べるのはいかにも後講釈というものだろう。

④ 日銀短観の失望

本日発表された3月調査の日銀短観では、大企業製造業の業況判断指数(DI)が14年12月の前回調査から横ばいのプラス12となり、プラス14と緩やかな改善を見込んでいた市場予想を下回った。日本の景気回復への期待が相場上昇の一つの原動力となっていただけに、期待外れとの受け止めが広がったというものだ。

特に大企業の15年度の設備投資計画が前年度比で1.2%の減少となったことに対する失望を挙げる声もある。企業が慎重姿勢を崩さず業績上方修正の期待も遠のきかねないという。
しかし、日銀短観は今日の今日、ふたを開けるまでここまで弱い数字は誰も予想しなかった。今日の下げは短観の失望だが、これまでの下げには織り込まれていない。さらに言えば、企業の慎重姿勢と実際のマクロ景気には乖離がこれまでもあった。いまさら驚くような悪い数字ではない。仮にこの慎重な企業の姿勢が明日発表の企業物価見通しにも同様に反映されるとすれば、日銀による追加緩和期待が高まることになるだろう。

改めて、相場が崩れる要因をレビューしたが決め手に欠ける。足元の軟調相場は、

1) これまで一本調子の上昇が続いた反動(いつか来ると誰もが予想・期待した押し目が、当然のように来ただけ)。
2) 年度をまたぐ期間で日本の機関投資家の動きが鈍くなり、そこにイースターで外国人投資家が休暇に入る。市場参加者が少なくなる間隙を突いた投機筋の仕掛け的な売り。

が、主な要因だと思われる。

それらに加えてあと、ひとつ、自己循環論法 ― 例えば、「通貨は、それが通貨だと誰もが思うから通貨として通用する」といったような論法 ― を述べるとすれば、「相場が崩れてしまったこと自体が弱気相場に傾いた理由である」と言える。トレンドがトレンドを正当化する ― といった類の理屈かもしれない。

冒頭で触れたツイッターで、例の急落のあった日、「こういう投機筋の売りは許しちゃいけない」とツイートしたら、こんなリツイートが来た。

「官製相場は許されて、投機筋の売りは許されないのですか?」

僕はこう答えた。「市場ではどんな主体による売買も違法でない限りOK。それが市場経済的に許されざる売買だとするなら反対売買によって是正される。それが健全な市場機能。投機売りはあっていい。但し、この状況でそれを易々と許すような市場は健全でないと言っているだけである。」

「これはひどい」と言ったのは、投機筋の売りに対して言ったのではない。急落する理由もないのに、投機筋にちょっとやそっと先物に売りを出されただけで、「急落を許すような」相場が「ひどい相場」だと言ったのだ。ここまで「押し目待ちに押し目なし」で上がってきた相場だ。本来なら「待ってました」とばかりに押し目買いを入れるとことだろう。それが、いざという時に出てこないのだ。

一昔前のだらしない、層の薄い相場に戻ってしまった。いや、戻ってしまったわけではない。変わったと思ったのが間違いで実は変わっていなかったのである。そのことが、27日の急落により馬脚が現れてしまったのだ。

ところで、話は変わるが政治不信を嘆く声が後を絶たない。日本の政治はダメだ、という。なぜなら政治家が悪いからだという。しかし、民主主義によって、そういう政治家を選んでいるのは他ならない僕たちである。日本の政治がダメなのだとしたら、それは、だらしない政治家を選んでいる僕らの責任である。

相場とは僕らが参加して成り立っているものである。日本の株式市場が未熟で、だらしないのだとしたら、それは市場参加者である僕らの責任である。27日の急落は、僕らのなかに芽生えつつあった儚い自信のようなものを根本から打ち砕いた。

自惚れていた自分を諌められた。それが、今、相場が冴えない本当の理由である。

しかし、人間というものは性懲りもないものだ。すぐにまた、調子に乗って空元気を振り回すだろう。その点については賭けてもいい。僕自身が、そういう人間だからである。

この点は、実は非常に重要である。自分で自分のことをわかっているという点だ。

ジョージ・ソロスはこうも言っている。
「人々は、私が間違いなど犯さないだろうと誤った認識を持っている。これは特に強調しておきたいのだが、私は隣の住人と同じぐらい間違いを犯す。しかし、私がじぶんでも優れていると思うところは、それを認めていることだ。それが私の成功の秘密だ。私は、人間の認識は、生まれながらに過ちを犯すものだと確信している。 」

相場とは人間がつくり、人間は過ちを犯す。だから、市場は ― 往々にして間違い続ける。そして、人間とは間違いを犯すものだ、と自覚している人間が、最後に相場で勝つことができる。


(チーフ・ストラテジスト 広木 隆)

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)


マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!

 

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

 

Special topics pr

ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP