ラオス 2015年4月20日

2015年3月、満を持して新ショッピングセンター
ビエンチャンセンターがオープン!ショッピングセンター建設にまつわるビエンチャン近年史【後編】

2015年3月28日、ラオスの首都ビエンチャンに中国資本の巨大ショッピングセンター「ビエンチャンセンター」がオープンした。これを記念して、ビエンチャンのショッピングセンター建設事情をレポートする第2回です。

●関連記事「ラオスの首都ビエンチャンの田んぼや空き地がショッピングセンターに変わり始めた」

 2012年頃から進められてきたショッピングセンター(以下SC)建造群は、都民の諦念とは裏腹に(関連記事参照)、ビエンチャンを訪れる外国人ビジネスマンの期待を煽ったに違いない。

 ラオスは、ビエンチャンは、まさに急発展を遂げている、その機会を逃すまい、と思ってかどうかは知らないが、韓国人や中国人の進出は盛り上がっているようだ。そんな中オープンしたのが、中国資本の新しいショッピングセンターだ。

中国資本で完成したショッピングセンター

 2015年3月28日、表看板の工事を途中にしながらも、ようやくオープンにこぎ着けたビエンチャンセンター。これもまた都民の予想どおり、何度かオープン予定日を変更してきた。

 初めのオープン予定は2014年末、それが2015年2月になり、三度目の正直、同年3月に開会式を終えた。ちなみに、その前日には、同センターに入った中国銀行「Bank of China」の開業式が行なわれている。

オープン2日目のビエンチャンセンター。看板はまだ工事中だった【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】
中国銀行ラオス本店のようにも見える外観【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】

 開発は中国トップ500企業内に入る雲南建工集団有限公司とキッタポングループ(ラオス)。このジョイントベンチャーは、今回のビエンチャンセンターだけに限らず、2009年のシーゲーム(東南アジア競技大会)からラオスの開発に乗り出し始めた。

 2012年にはASEM(アジア欧州会議)首脳陣の宿泊施設ASEM Villaを建設。前回紹介したドンチャンパレスホテルを買い取り、その近くにランドマークホテルという大型ホテルを開業した。

 そして現在、そのすぐ隣にアウトレットモールをさらに開発中。首都中心部のメコン川沿いは、この中国資本が大きく占めるかたちとなった。現在、ラオスで開発といえば、まず中国がイメージされるほどだ。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。