経営×ソーシャル
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭
【第132回】 2015年4月7日
著者・コラム紹介 バックナンバー
竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

早いもの勝ち!? 渋谷区「同性パートナー条例」が掴んだ巨大市場

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。
会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

会員の方へ:パスワード再設定のお願い

いつもダイヤモンド・オンラインをご利用いただき、ありがとうございます。
2012年2月に読者サービス向上のため、会員管理システムをリニューアルいたしました。
それにともない、パスワードの再設定をお願いしております。

2012年2月27日以降、まだ一度もパスワードの再設定をされていない方は、誠にお手数をおかけしますが、下記ページにアクセスし、パスワード再設定をお願いします。

◆ パスワード再設定はこちら

※ ユーザーID、パスワードをお忘れの方も上記ページをご利用ください。

会員の方

メールアドレス(ユーザーIDではありません)とパスワードを入力してログインしてください。

会員でない方

会員登録を済ませログインいただくと、記事の続きを読むことができます。

無料会員登録

◆ 無料会員登録について
無料会員登録をすると、会員限定の記事を読むことができるほか 新着記事をお知らせするメールマガジン配信など、会員限定の特典をご利用になれます。
ぜひご登録をお願いします。

関連記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧