ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ソーシャルウェブ革命の衝撃

ウェブ2.0もCGMも古い!?
ホンダ流ウェブ戦略の新境地

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第15回】 2008年10月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「人間は論理的じゃない。コミュニケーションは情緒的なものであり、顧客が好きと思うか、嫌いかが問題だ」と、本田技研工業宣伝販促部ホームページ企画ブロック・リーダー渡辺春樹氏は語る。

 顧客が参加し、コンテンツまでつくってしまうホンダの自社ウェブサイト――。おびただしい数の顧客からのメールに必死に対応し、それを柱として据える顧客コミュニケーション戦略――。

 エモーション × コミュニケーション を軸に企業モデルを考える本連載は、主に米国企業の事例を紹介してきたが、NTTデータに続き今回は日本を代表する大企業ホンダを取り上げる。対外的なウェブ・コミュニケーションの先進例としてのエッセンスが示されている。

「八ヶ岳Honda菜園」に見る
血の通ったウェブサイト

 1996年のオープンから12年になるホンダのウェブだが、Web2.0という言葉がない立ち上げ当初から、それを実践してきた。渡辺氏いわく、「そもそも双方向だからWeb2.0しかない。一方通行のウェブなんて意味がない」。

 顧客が教えてくれる、顧客とつくっている、というホンダのウェブは、何か違和感があると必ず顧客が連絡してくるという循環ができている。だから、ユーザーの意見をすぐに反映して、よりよいウェブサイトへと進化を続けてきたのである。

 ホンダは、CGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)といった言葉が生まれる前から、コミュニティを開設してきた。今では、4輪自慢「ユーザーズボイス」、2輪自慢「ライダーズボイス」、「クルマ家族会議」などのコミュニティで一般からの投稿を載せている。

 例えば投稿された写真はチェックしてナンバープレートが見えないように修正するなど、顧客のリスク対策を施してから掲載している。信頼される企業を目指すためだが、これは自己責任型の多くのCGMサイトとは基本的に異なる点だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


ソーシャルウェブ革命の衝撃

ブログやSNSなどの台頭が、顧客サービスのあり方を変える。勝ち残る経営モデルとは? 気鋭のコンサルタントが「ソーシャルウェブ革命」の行方を解き明かします。

「ソーシャルウェブ革命の衝撃」

⇒バックナンバー一覧