アラブ 2015年4月24日

教えて! 尚子先生
コーランには何が書いてあるのですか?
【中東・イスラム初級講座・第22回】

IS(イスラム国)による日本人人質事件によって、ますます注目を集める中東情勢。今回は、「イスラム教」の聖典コーランには何が書かれているのか、そして、イスラム教徒たちはそれをどのように理解しているのかについて、中東研究家の尚子先生がわかりやすく解説します。

●関連記事:「イスラム教」とは何ですか?

前回は、「イスラム教」とはなにか、という基本的なことをお話ししました。では、神の言葉が集められたものであるコーランには何が書かれているのでしょうか?

ムハマンドが生きた時代と密接に関係するコーラン

 聖典というと、哲学的なことや予言などが書いてあるのではと考えがちです。もちろん、天地創造や来世についての記述もありますが、それだけではなくコーランにはひじょうに具体的な行動規範も書いてあるのです。

 例えば、「豚を食べてはいけない」や異教徒に対する「聖戦(ジハード)」、「女性は髪の毛を隠す」、「妻は4人まで」などといった、一見異教徒からすると奇異にみえるイスラムの規則もすべてコーランに書かれているために、イスラム教徒は今日までそれを守っているのです。

 「豚肉」については、同じ経典の民であるユダヤ教徒も豚は食しませんが、ムハンマドが生きていた当時、豚によって伝染病が媒介されたために禁じられたという説もあります。「妻が4人まで」というのは、当時、戦争によって寡婦が増えたために、4人を上限としたという説もあります。しかも、すべての妻を平等に扱わなければならないという条件までついています(厳密にすべての妻を平等に扱うのは不可能なので、結局複数妻はもらうべきではないという解釈もあります)。つまりコーランは、ムハンマドが生きた時代背景に密接な関係があるのです。

 ジハードについては「聖戦」と通常訳しますが、本来の意味は奮闘とか努力という意味です。人間は誘惑にすぐに負けてしまう弱い生き物であるために、神の説いた規範から逸脱しないように奮闘・努力するという意味合いで、こうした内面的な戦いもジハードといいます。

 現在のように、異教徒に対する防衛・攻撃だけが強調されているのは、むしろ現代の人々の解釈であり、現代という時代背景がこうした解釈を生んでいるといえるでしょう。

 また、「女性の髪の毛を隠す」については、コーランでは「外部に出ている部分は仕方がないが、その他の美しい所は人に見せぬよう。胸には蔽いを被せるよう」と述べられており、その隠す部分については、後の人々の解釈によって、「ヘジャブ(スカーフ)」のように髪の毛だけなのか、アフガニスタンの「ニカーブ」やイランの「チャドル」のように、目以外の頭の先から足の先までを隠すのかが変わっています。

井戸端会議/ボスラ,シリア【撮影/安田匡範】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。