橘玲の世界投資見聞録 2015年4月15日

南アフリカで白人として生きるということ
[橘玲の世界投資見聞録]

 これまで何回か南アフリカについて書いてきたが、「白人がこの国に暮らすってどうなんだろう?」と疑問に思わなかっただろうか。治安の悪化で街を歩くことすらできず、アパルトヘイトによる複雑骨折したような“歴史問題”を抱え、少数派(マイノリティ)として黒人社会の嫉妬や批判、憎悪などと向かい合って生きていくのはけっこう大変なんじゃないだろうか。

[参考記事]
●「半径200mで強盗にあう確率150%」「バスの乗客全員が強盗」など南アフリカ・ヨハネスブルグの都市伝説は本当か? 
●南アフリカ・ソウェト、アパルトヘイト(人種隔離)が生んだ街。黒人が外界から"隔離"したら安全な地域に変貌
●「世界でもっとも危険な都市ヨハネスブルグ」を安全に旅する方法
●南アフリカの首都は、プレトリア? ツワネ? その背景にある「歴史問題」とは?
●神に見捨てられた街」南アフリカ・ケープタウン、ダウンタウンのクリスマスイブ


 

 とはいえ、初対面の相手に「なんであなたはここに住んでるんですか?」なんて訊くのはあまりにも失礼だ。たんなる観光客からこんな質問をされたら、誰だっていい気持ちはしないだろう。

 ところがここで、思いもかけない幸運が訪れた。

グループツアーのはずが貸切状態に

 治安の悪いヨハネスブルグでは、ツアーでなければどこも観光できない。定番コースは「シティツアー」「サンシティとサファリ」「ソウェトのタウンシップ」の3つで(というかこれしかない)、せっかくなのですべて参加してみた。

 私が申し込んだのはグループツアーで、観光バスを仕立てた大人数だと思っていた。ところがヨハネスブルグを「観光」しようなどという外国人はほとんどいないらしく、3つとも貸し切りになってしまった。ガイドと車を個人で手配するのはかなりのコストがかかるから、これが第一の幸運。

 サンシティはヨハネスブルグ郊外につくられた巨大レジャーランドで、アパルトヘイトの時代は「ボプタツワナ」という“独立国家”だった。「国家」といってもいまでいう特区のようなもので、黒人の民族集団のひとつツワナ人をこの地域に集住させると同時に、白人向けの歓楽地として、南アフリカでは禁止されていたギャンブルやストリップなどを“規制緩和”した。コンサート会場「サンシティ・スーパーボール」は、エルトン・ジョンやクイーンなどの大物アーチストを高額のギャラで招聘することで知られ、アパルトヘイトに反対するアーチスト(ブルース・スプリングスティーンやボブ・ディラン)が「I ain't gonna play Sun City!(サンシティでは演奏しないぜ!)」と歌った「Sun City」でも知られている。

サンシティのカジノ                (Photo:©Alt Invest Com)
こちらは最高級ホテル、The Palace of the Lost City  (Photo:©Alt Invest Com)

 

 このサンシティの近くにはピラネスバーグ国立公園があり、ゾウやキリン、サイ、シマウマなどの野生動物を見ることができる。国立公園内にもロッジがあり、サンシティの豪華なホテルに泊まることもできるが(こちらは最低2泊以上)、ヨハネスブルグからの日帰り観光コースとしても人気だ。

 サンシティと国立公園の1日ツアーを案内してくれたのは、明らかにオランダ系とわかる名前の小柄な白人ガイドだった――丁寧な自己紹介をされたが、長すぎて覚えきれなかったので、ヨハン・ファン・デル・バーホーテンにしよう。

 ヨハンと最初に挨拶したとき、ずいぶん老けて見えるなあと思ったら74歳だった。自営の観光ガイドとして、旅行会社から依頼があったときだけ仕事をしているというが、野生動物、とりわけ鳥の生態に詳しく、サファリのガイドとしては最高だった。

ピラネスバーグ国立公園。遠くに見えるのはインパラの群れ(Photo:©Alt Invest Com)
アフリカ象も間近で見られた        (Photo:©Alt Invest Com)


 

 国立公園とサンシティを訪れ、ヨハネスブルグに戻る途中でヨハンの携帯に連絡が入った。

 「明日、タウンシップに行くのは君かい?」メールを見てヨハンが訊く。
「そうだ」とこたえると、「おめでとう。明日も私が君のガイドだよ」と笑う。ヨハンはサファリだけでなく、ソウェトツアーも担当していたのだ――これが第2の幸運。

 まる2日いっしょにいて、ヨハンとはずいぶん親しくなった。

 南アフリカに最初に入植したのは17世紀のオランダ移民や新教徒・ユダヤ人たちで、その末裔をアフリカーナーという(かつてはブール人、ボーア人とも呼ばれた)。ヨハンは生粋のアフリカーナー(アフリカ人)で、先祖は最初期の入植者だという。これが第3の幸運で、私はアパルトヘイト時代を知るアフリカーナーに、「なぜいまでもこの国に暮らしているのか」という不躾な質問をする稀有の機会を得たのだ。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。