クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]
2015年4月18日公開(2017年10月31日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ポイ探ニュース(菊地崇仁)

JALとANAが共同設立した「国内線ドットコム」は
本当に得か? 獲得マイルの比較で判明した
「国内線ドットコム」のメリット・デメリットを解説

 ANAとJALが共同出資している国内線航空券の購入サイト「国内線ドットコム」を知っているだろうか?

 「国内線ドットコム」を利用してANAやJALの航空券を購入すると、通常のフライトマイルに加え、「国内線ドットコムポイント」が獲得できる。ANAとJALが共同出資したサイトのため、直接航空券を申し込んだ場合とまったく同じ金額で購入可能なため、「国内線ドットコム」のポイント分お得となる。

 また、「オリコモール」や「Gポイントトラベル」といったポイントモールを経由して「国内線ドットコム」を利用すると、それぞれのポイントモールでもポイントが貯まり、さらにクレジットカードで決済することでクレジットカードのポイントも貯まる。つまり、ポイント・マイルの4重取りが可能なのだ。

羽田⇒那覇便のチケットを購入・利用するだけで
ポイント・マイルの4重取りで合計1015マイルを獲得!

 具体的な例を挙げて試算してみよう。

 例えば、「国内線ドットコム」で、2015年5月1日(金)の羽田⇒那覇便を検索すると、JAL 903便の最安値が普通席で2万590円となっている。念のため、JALのサイトでも同様の条件で検索してみると、先得割引で2万590円と同じ金額が表示された。


「国内線ドットコム」とJALのサイトの料金比較。左が「国内線ドットコム」、右がJALのサイト
拡大画像表示

 「Pontaサイト」を経由して「国内線ドットコム」を利用したとすると、200円(税込)につき1 Pontaポイントが獲得できる。次に、「JALカード」(ショッピングマイル・プレミアム加入時)で決済すると、100円(税込)につき1マイルが貯まる。さらに搭乗時には、普通席の場合だと羽田⇒那覇便984マイルの75%分である738マイルが獲得可能。そして搭乗後には、航空券の購入金額1円=1ポイントとして、「国際線ドットコムポイント」が貯まる。

 これらをすべて合計すると、下の表のとおり1015マイルの獲得となる。

■「国内線ドットコム」を利用してポイント・マイルの4重取りを!
  獲得ポイント数 マイル換算
 Pontaサイト経由時のポイント 102 Pontaポイント 51マイル
 JALカードのポイント 206マイル
 JALのフライトマイル 738マイル
 国内線ドットコムのポイント 2万590国内線ドットコムポイント 20マイル ※
 合計獲得マイル 1015マイル
 ※10万国内線ドットコムポイント⇒200 Pontaポイント⇒100マイルなので、2万590国内線ドットコムポイント⇒41 Pontaポイント⇒20マイルで換算
JALカード TOKYU POINT ClubQ
還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
クレジットカードおすすめ比較!マイルが貯まる! JALカードTOP公式サイトはこちら
発行元 JALカード
国際ブランド VISA、Master、DC
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円(JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3000円)
家族カード あり(年会費1000円、税抜)
ポイント付与対象の
 電子マネー
WAON、PASMO
JALカード TOKYU POINT ClubQの公式サイトはこちら!

(関連記事⇒JALカードよりJALマイルが貯まりやすいカードとは? 低コスト&無期限の「リクルートカードプラス」か、「JALカードTOKYU POINT ClubQ」でJALマイルを貯めよう!

「国内線ドットコム」は「JALカード特約店」扱いにならず、
獲得マイル2倍の特典対象外なので気を付けよう

 「国内線ドットコム」は大変お得のように見えるが、実は一点注意点がある。先ほどの試算では「JALカード」で支払っているため、本来であれば「JALカード特約店」としてカード決済時のマイルが2倍になりそうなものだ。しかし、「国内線ドットコム」経由で購入すると決済自体が「国内線ドットコム」で完了してしまうため、「JALカード特約店」での購入扱いではなくなってしまうのだ。

 先ほどと同じ条件で、今度は「国内線ドットコム」を利用せずにJALのサイトから直接予約した場合で試算してみると、下の表のように獲得マイルは1150マイルで、「国内線ドットコム」を利用した場合より135マイル多くなる。

■「国内線ドットコム」より「JALカード」の特約店の方がお得?
  獲得マイル
 JALカードのポイント 206マイル
 JALカード特約店のポイント 206マイル
 JALのフライトマイル 738マイル
 合計獲得マイル 1150マイル


 このように「JALカード」や「ANAカード」の場合は、ポイントモールを経由しなかったとしても、「国内線ドットコム」を利用せずに直接購入したほうがお得なのだ。

 さらに、ポイントモールを利用すると、もっとお得になる。例えば、「楽天トラベル」経由でJAL国内線航空券を予約すると、1%分の楽天スーパーポイントが貯まる。「楽天トラベル」を経由しても、JALのサイトでの決済となるため特約店扱いとなり、マイルは2倍、かつ1%の楽天スーパーポイントが獲得できるのだ。

 「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」の場合も同様で、「国内線ドットコム」を利用すると「メンバーシップ・リワード」のポイントが3倍にはならないので注意しよう。
(関連記事⇒ANAマイラーの「秘密兵器」として使える! 「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」の意外&お得なカード活用術を公開!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
還元率 1.5%
(対象航空会社の航空券購入は3%)
※ 1マイル=1.5円換算
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費(税抜) 1万円
家族カード あり(年5000円、税抜)
おすすめポイント 対象航空会社20社で航空券を購入するとポイント3倍提携航空会社14社のマイルに無期限で交換可能!
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら

 「国内線ドットコム」は、「JALカード」や「ANAカード」、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」を利用していないユーザーが使うサイトであり、最終目的をマイルに設定していないようなライトユーザ向けのサービスと言っていいだろう。

 以上、今回は「国内線ドットコム」が本当にお得か、どんな人に向いているサービスなのかを解説した。「国内線ドットコム」を利用する方がお得なのか、利用しない方が得なのか、国内線航空券を購入する人はよく検討するといいだろう。
(関連記事⇒ANAカードよりANAマイルが貯まるカードとは? コストと還元率でANAカードを比較するとソラチカカード&エクストリームカードが最強!

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
 還元率  1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
クレジットカードおすすめ!マイルが貯まる!ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)フェイス
 発行元  ANAカード
 国際ブランド  JCB
 年会費(税抜)  初年度年会費無料、2年目以降2000円(マイル移行手数料は年2000円)
 家族カード  あり(年1000円、税抜)
 おすすめポイント 年会費+マイル移行手数料の年間維持費が安く東京メトロの定期券購入、乗車でもポイントが貯まる!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2017年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]
2017年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ
【2017年12月1日時点・最新情報】

還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.1%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の100倍=0.1%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.001%程度の今、普通預金金利が0.1%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カードとの呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP