DIAMOND CFO FORUM

【財務マネジメント・サーベイ】
中国・アジア拠点への本社統治力と財務マネジメント(下)

>>(中)より続く

 売掛・買掛サイトの管理

 図18でわかるように、多くの企業が拠点に任せている一方で、「売掛債権と顧客の与信情報」の一元管理と共有化が売掛債権管理での課題と捉えてい る。買掛債務管理では、拠点の「購買部門での不正やバックリベート」に関連する問題と「購買条件の均質化」を課題として捉えている。図22でも明らかなよ うに、昨年までは意識されていなかった「債務引受決済サービス」の活用を買掛債務の課題解決策の一つとして検討しているようだ。どちらにしても、拠点任せ の体制に問題の本質が潜んでいることは疑う余地がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ここでの評点は売掛、買掛の条件変更などに対して、財務部門がどれだけ現場に入って調整できるかで評価している。また、その中で現場の課題をど れだけ認識し、課題に対して財務部門が動ける環境にあるかでも評価した。結果として、ここで評価が高い企業は買掛債務の課題に対しても、購買部門に任せて いない企業であった。

 J社はグローバルに消費者向けの食品を提供している企業で、拠点の売掛債権の回収やデフォルトに強い危機感を持っている。G社は電気部品会社であ るが、営業利益率が他社より低く、営業利益率との相関を悪化させた企業であるが、現預金もしっかり見ており、営業キャッシュフローはE社と同じくらいの マージンで稼いでいる。

 E社は、経営者の性格なのだろうか、確実性とバランスがとれた拠点コントロールをしている。H、I社は、ともに世界何位という商品構成を持つ会社 であるが、現預金、在庫、売掛金、買掛金の情報収集では評点が低い。特に、I社は規定や統一化でも低い評点となっている。この2社の主要取引先が自動車業界のせいだろうか。

DIAMOND CFO FORUM 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS



from CFO.jp

厳しく不透明な事業環境のなかで、国際競争に打ち勝つための成長戦略の推進とリスクマネジメント機能を強化するためには、経営・財務分野において高度な知識・技能・倫理観を持ち、企業価値創造へ向けて論理的かつ迅速な意志決定を行うCFOの存在が欠かせない。ここでは、CFOとCFOを支える部門の強化に役立つ専門性の高いコンテンツを提供する。

「from CFO.jp」

⇒バックナンバー一覧