ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マネーリテラシー養成講座
【第23回】 2008年5月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
泉 正人 [日本ファイナンシャルアカデミー(株)代表取締役]

100回負けても、最後に勝てばいい
――お金持ちのヒントは目の前に【Vol.023】

10年前は貧乏でお金の知性がまったくなかった僕が、今では5つの会社を経営し、15棟のビルやマンションを所有するまでになり、経済的な自由を得ることができました。――なぜなら、僕は「お金の知性」を磨きづづけたからです。あなたの年収は学歴や職歴ではなく「お金の知性」で決まるのです。「お金の知性」を磨くために必要な、心に残る『お金の格言』を毎回ご紹介します。

★今回の格言

100回負けても、
最後に勝てばいい

 中国の漢王朝の始祖・劉邦(りゅうほう)は、徹底的に弱い戦国武将でした。生涯のライバルである項羽(こうう)に負けつづけましたが、99回負けたあげく、最後に1回だけ項羽に勝って中国を統一しました。

 お金の知性が高まれば必ず豊かになっていくのですが、伸びる瞬間を待てずに、小さな失敗が続くとあきらめてしまう人がいます。

 でも、自分が負けを認めないうちは負けではありません。10回負けても11回目に勝てば勝ち、100回負けても101回目に勝てば勝ちなのです。

 大事なのは、うまくいかなかったときに、なぜ失敗したか学ぶことです。学びと実践を積み重ねていけば、いつか必ず大きく成長するときがきます。

 「学んで行動して、失敗して学ぶ」この繰り返しが、投資で大きく成功するための条件なのです。

 いまのうちに、できるだけ多くの失敗をしておきましょう。

スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/18~6/24)



泉正人 [日本ファイナンシャルアカデミー(株)代表取締役]

1974年生まれ。中学卒業後、米国に単身留学。その後帰国して美容師を目指すも挫折。一転して23歳でITベンチャーへ就職、26歳で起業。27歳で日本ファイナンシャルアカデミーを設立。28歳の時に始めた不動産投資によって、わずか3年間で年間家賃収入2億円を得るカリスマ不動産投資家に。現在はそのノウハウを多くの人に伝えるため、各地で講演を行う。日本ファイナンシャルアカデミー


マネーリテラシー養成講座

年収150万円からわずか3年で年間家賃収入2億円の投資家に変身した著者が教える、億万長者になるための「お金の格言」。あなたの収入は学歴や職歴ではなく、お金の知性で決まる!

「マネーリテラシー養成講座」

⇒バックナンバー一覧