ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

米コアインフレ率マイナスなら
行き着く先は為替市場大混乱か?

2009年1月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 バーナンキFRB議長は1月13日の講演で銀行システムへの追加資本注入の必要性や不良資産を買い取る「バッドバンク」構想に言及した。

 確かに、金融システム再生に向けた「根本治療」を進めていかないことには、オバマ政権の大減税策やFRBの資金供給も単なる時間稼ぎに終わってしまう。

 その日の講演でバーナンキ議長は防御的な説明も行なっていた。現在のFRBの政策がインフレを招く恐れはないこと、出口政策(正常化政策)は適切なタイミングで行なうことが強調されていた。

 昨秋のリーマン・ブラザーズの破綻以降、FRBのバランスシートはすさまじい膨張を示してきた。「FRBの資産の健全性は大丈夫なのか?」と心配する声が金融市場でこのところ増加していた。FRBとしてもそういった声を無視できなくなったのだろう。

 ところで、12月のFOMC議事要旨には、FRB内でインフレ目標の議論が再燃していたことが記されていた。バーナンキ議長は学者時代からインフレ目標の熱心な支持者だったが、FRBでの採用はいったん諦めていた。

 代わりに、経済予測の公表期間を延ばすことで、FRB幹部が考える望ましいインフレ率を市場に間接的に伝える戦略をこれまで採っていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧