ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

個人のマネー運用、7つの「こだわり」が「ヤバい!」

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第375回】 2015年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

運用における「こだわり」と「ヤバい!」
投資家がカモになる「こだわり」とは?

Photo:Paylessimages-Fotolia.com

 先日、行きつけの珈琲屋で馴染みの店員が珈琲を抽出しながらつぶやいた。「最近の『こだわり』という言葉の使い方には違和感がありますね。かつて、この言葉は、余計なものに過剰に固執するネガティブなニュアンスだったのに、最近は『こだわりの珈琲』みたいに良い意味で使うことが多いでしょう。あれは、どうにも馴染めません」。

 たぶん、商品やサービスの宣伝に、意外性を持った強い言葉として「こだわり」を使い始めて、それが広く受け入れられたために、最近では「こだわり」がむしろポジティブな意味に使われるようになったのだろう。

 同様に意味がひっくり返った言葉として近年数多く耳に入ってくるのは「ヤバい!」である。元々の「不都合でまずい」というネガティブな意味にも使われるが、「自分が感動するほど凄い」というポジティブな意味にも使われている。程度が甚だしいこと全般に使われているわけだが、ある種の若者と話していると、良いと思う事にも、悪いと思う事にも、「ヤバい!」とだけ言うので、文脈と表情を読み取る高度な解釈能力が必要だ。

 さて、近年、良し悪しは別として、ポジティブ・ネガティブの両方の意味で使われる「こだわり」と「ヤバい!」だが、お金の運用における個人の判断と行動にあって、実は、良いと勘違いしていてもダメで「ヤバい!」くらい危険な「こだわり」がある一方で、あまり気づかれていないながら「ヤバい!」くらいに有効な「こだわり」がある。

 以下の、7つのお金の運用に関する「こだわり」に、読者はどう思われるか?

(1)投資家の「タイプ」に合った商品へのこだわり
(2)運用目的や人生の夢に対するこだわり
(3)配当や分配金などのインカム収入に対するこだわり
(4)運用者の腕に対するこだわり
(5)運用商品の手数料に対するこだわり
(6)自分の買値に対するこだわり
(7)接客に対するこだわり

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧