ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方
【第19回】 2008年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
塩野 誠 [コンサルタント]

プロフェッショナルとして「NO」を言う
人的資本力を高める PART(3)

 他社や自社を問わず、実際に目上の人の意見にNOと言うことは大変です。ある有名メーカーの経営企画部の人は「みんな日々の細かい業務に終われて、全体像で物事が考えられない。上司はみんな上ばかり見て、ペコペコしているので、スジの悪い案件にもNOが言えない」とぼやいていました。

 「ロジカルに考えてリスクがあることにNOを言うことは、プロフェッショナルの責任である」というのはまさにそのとおりですが、普通の企業に勤めている人で、上司にハッキリとNOを言える人はほとんどいないでしょう。この点については、能力というよりは覚悟の問題だと思います。

 プロフェッショナル・ファームでは「悪魔の弁護人になる」という行為のような、反対意見を言うことによって議論をより深めるということが奨励される雰囲気があります。しかし、これは私が知る限りは一般的な企業には当てはまりません。

 あなたがプロとしてNOを言うためには、2つの要素をきっちり述べる必要があります。1つ目は「ロジカルにこういうリスクがあるので、その意見には賛成できない」と言うこと。2つ目は「その意見に賛成できないのは、あなたや会社のために言っているのであって、自己保身のためではない」と言うことです。覚悟としては「自分はプロであり、NOを言うことによって、ここにいられなくなっても信念を曲げることはできない。そうなったら他に移ってバリューを出そう」と思えるかどうかです。職業選択の自由度が高いことはプロフェッショナルのよいところです。

【INSTALL:ここを脳にインストール!】

■プロフェッショナルはNOを言うことでも価値を出す
■プロフェッショナルは自己保身のためではなく、会社や関係者のためにNOを言う

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


塩野 誠 [コンサルタント]

1975年生まれ。シティバンク銀行、ゴールドマン・サックス証券、べイン&カンパニー等で事業戦略の立案や実行、M&A・投資業務等を担当。現在は非営利団体である企業価値戦略研究会に所属。その活動とともにコンサルタントとして国内外の企業に対し幅広い提言と講演を行っている。


問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方

コンサルタントの思考スキルを学べば、仕事の質が変わる。外資系コンサルを経たプロが贈る最強の仕事バイブル。ビジネスマン必読。

「問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方」

⇒バックナンバー一覧