ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

経営の独立性を維持
支配しないM&Aが新規案件を呼び込む
大和ハウス工業会長 樋口武男

2009年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
樋口武男
撮影:住友一俊

──ビ・ライフ投資法人とニューシティ・レジデンス投資法人、2つのリート(不動産投資信託)を相次ぎ傘下に収めた。加えて、マンションディベロッパーのコスモスイニシアにも資本参加するなど昨今、M&Aを加速させている。

 すべて金融機関などを通じて、相手方から持ち込まれた案件だ。積極的にこちらから取りにいくことは、これまでもこれからもない。私は創業者の故・石橋信夫氏に長年仕えた。創業者の気持ちがわかるから、カネに任せて企業を強引に傘下に収めることはしない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧