橘玲の世界投資見聞録 2015年5月8日

ジンバブエ、最悪の独裁といわれるムガベ政権と
欧米植民地主義の負の遺産
[橘玲の世界投資見聞録]

 ヴィクトリアの滝はナイアガラ、イグアスと並ぶ世界三大瀑布のひとつで、ジンバブエとザンビアの国境を流れるザンベジ川の浸食によって生まれた。ほとんどの旅行者は、この滝を見物する以外の目的でジンバブエを(おそらくザンビアも)訪れることはないだろう。

 ジンバブエ側の観光拠点はヴィクトリアフォールズ町、ザンビア側はリヴィングストン市で、いずれもヨハネスブルグなどから航空便がある。国境にはヴィクトリアフォールズ橋がかかり、観光客は川の両岸から滝を眺めることができるようになっている。

ヴィクトリアの滝            (Photo:©Alt Invest Com)
ジンバブエとザンビアを結ぶ橋       (Photo:©Alt Invest Com)

 

 ヴィクトリアフォールズは観光で成り立っている小さな町で、土産物屋やレストラン、パブ、旅行会社のオフィスなどが集まっている。観光業者と観光客しかいないので治安もよく、夜も賑やかだ。

 唯一、変わっているところいえば、通りを歩いていると札束を手にした男が次々と「10ドルでどうだい?」と声をかけてくることだろうか。とはいえ、彼は両替商ではない。なぜならその紙幣にはなんの価値もないのだから。

 

年間インフレ率、約2億3000万%のハイパーインフレ

 2000年代にジンバブエを襲ったハイパーインフレはよく知られている。

 1980年にジンバブエが独立したときに1米ドル=0.68ジンバブエドルだったのが、2006年7月には180万ジンバブエドルまで下落した(通貨の価値が260万分の1になった)。翌8月、中央銀行は預金封鎖と3桁のデノミネーションを実施し、同時に米ドルに対して通貨を60%切り下げ、1米ドル=250新ジンバブエドルにした。

 しかしそれでもハイパーインフレーションは収まらず、2008年5月に1億と2億5000万の額面のジンバブエドル札が発行され、それが50億、250億、500億ドル札となり、ついには1000億ドル札が発行された。

 2008年8月、中央銀行はふたたび1000億ジンバブエドルを10新ジンバブエドルにする大幅なデノミネーションを行なったが、インフレはさらに更新し、12月末に100億ドル紙幣、2009年1月に200億ドル紙幣と500億ドル紙幣の発行を余儀なくされた。2009年1月時点でジンバブエドルの価値は1米ドル=250億ジンバブエドルまで下落し、年間インフレ率は約2億3000万パーセントに達したとされる。

 通貨の信用を失ったジンバブエ政府は、2009年1月から米ドル、ユーロ、ポンド、南アフリカランド、ボツワナプラの流通を公式に認め、公務員への給与も米ドルで支払うことにした。その結果、(額面だけは)巨額のジンバブエドル紙幣はすべて紙くずになり、それが土産物品となって観光客に売られているのだ。

 人類の愚行の記念としては面白いかと思ったが、やはりバカバカしいので止めておくことにした。あとでオークションサイトなどで調べると、1000億ジンバブエドル札は稀少なのか30ドル前後で販売されていた。もっともこんなことは彼らだって知っているだろうから、10ドルで買えるのは額面の安い紙幣だけだろうけど。

ツアー会社が並ぶヴィクトリアフォールズの町     (Photo:©Alt Invest Com)

 

 反植民地闘争の英雄からジンバブエ大統領となり、長期独裁政権をつづけていたロバート・ムガベは2007年6月、狂乱する物価に業を煮やし、「価格半減令」によって企業や商店にすべての商品の価格を半額にするよう命じた。それに従わなかったスーパーの経営者が逮捕されると、商店主は品物を店から引っ込め、棚も冷蔵庫も空っぽになってしまった。すべての物資が闇で取引されるようになり、インフレは未曾有の域まで更新した。

 この極端な経済政策は、愚かな独裁者が自らの権力を過信し、市場を操ろうとしたときに何が起きるかの格好の見本となった。ジンバブエは世界の笑いものになったのだ。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。