ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

インスタグラム、日本で広告の導入を開始

インスタグラム

2015年5月11日

写真・動画のソーシャルネットワーキングサービス、インスタグラムは、2015年5月11日、日本での広告の導入を開始することを発表しました。近日中より、一部の利用者のフィードには広告が表示されます。

サービス開始から約4年で、インスタグラムの世界の月間アクティブ利用者数は3億人を突破し(2014年12月時点)、1日の平均アクティブ利用者は2億人、日本のコミュニティも過去1年で2倍以上に増加しました(2015年3月時点)。また、1日平均の利用時間は21分間(2015年3月時点)と、アクティブなコミュニティが形成されています。インスタグラムがさらに進化し、ビジネスとして継続していくための取り組みとして、日本で広告事業をスタートします。

まずは、すでにインスタグラム コミュニティの一員となっているチキンラーメン(日清食品株式会社)、土屋鞄製造所、そしてランコムより、ハイクオリティで美しい写真を使った広告を、徐々に配信していきます。なお広告には「広告」と明記され、その他の投稿とは明確に区別されます。

インスタグラムは、利用者が自身の世界観やクリエイティビティを表現し、人とつながり、インスパイアされる場を提供したいという思いがあり、この考え方は広告の導入においても変わりません。インスタグラム上に表示される広告は、現在のインスタグラムの利用者体験とシームレスに溶け込むもので、今まで見慣れているフィードの中でも違和感なく自然な仕上がりになるようデザインされています。

2013年9月の米国ローンチに続き、インスタグラムの広告事業はカナダ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツ、ブラジルで順次スタートし、日本は8カ国目となります。他国ではこれまでにアディダス、コカ・コーラ、サムスン電子、ディズニー、バーバリー、ベン&ジェリーズ、マクドナルド、メルセデス・ベンツ、リーバイス、レクサスなどのブランドが広告を活用し、ブランド認知や購買意欲の向上などにおいて成果をあげてきました。

インスタグラムは今後も、世界中のさまざまな利用者やブランドがモバイルと写真や動画を介してつながり、そしてインスパイアされる、最適な環境を目指していきます。

 

インスタグラム公式アカウント・サイト
インスタグラム 日本語版公式アカウント(日本語) https://instagram.com/instagramjapan
インスタグラム 公式フェイスブックページ(日本語) https://www.facebook.com/instagramJapan
インスタグラム ヘルプセンター(日本語) https://help.instagram.com
インスタグラム ブログ(英語のみ) http://blog.instagram.com/
インスタグラム ビジネスブログ(英語のみ) http://blog.business.instagram.com/

インスタグラムとは
インスタグラムは、モバイルで撮影した写真や動画を自由に編集し、家族や友達、そして世界中のユーザーと簡単に共有することができるサービスです。現在、3億人を超える月間アクティブ利用者によって、日常のさまざまな風景から歴史的な出来事まで、世界で起こっているあらゆる瞬間を捉えた写真・動画が共有され、コミュニティが形成されています。

インスタグラム プレスセンター(英語のみ)http://instagram.com/press/

facebookもチェック

IT企業インフォメーション

「IT企業インフォメーション」

⇒バックナンバー一覧