ラオス 2015年5月18日

今年で5回目、東京代々木公園でラオスフェスティバル開催!

日本で開催される海外フェスティバルのひとつ「ラオスフェスティバル」が、今年も東京・代々木公演で開催される。前週には同じアジアの国「タイフェスティバル」も開催された。年々来場者を増やしているラオフェスの内容は? とくに今年のラオフェスは日本ラオス外交樹立関係60周年などを記念して、例年にも増して力が入っているという。

 5月23日(土)・24日(日)の2日間、代々木公園でラオスフェスティバル(以下、ラオフェス)が行なわれる。実は、僕も縁あって実行委員会に参加させてもらった。ラオスのイベントと聞いて、大抵のアジア好きはこう思うだろう「タイフェスとどう違うの?」と。

 民族、文化、習慣、言語など多くの面でラオスとタイは近似し、両国は同じ国色と見られがちだ。東京で開催される両国のフェスの日程も1週間違いなので、タイフェスに行ったら「ラオフェスは、もういいや」と思うかもしれない。

 今回は、タイフェスとの比較も絡めながら、日本で最大のラオスイベントを紹介してみたい。

昨年は2日間で30万人の来場者を記録した「タイフェス」

 まずは歴史の長いタイフェスから。16年前に始まった「タイ・フードフェステバル」が来場者3万人(以下、人数は主催者発表)を集め「タイ米を日本に広める」イベントとしてスタートし、2014年には15周年を迎えた。同年の来場者は30万人(2日間)と大混雑した。食品ブースを手伝った知人は「1日中休む間がなかった」とこぼしていた。

 タイという国の認知度、ファンの多さを改めて知らしめる機会となったが、タイに行ったことのある日本人からは「あんなに混んでいたら、もう行きたくないなあ」というコメントも多かったという。過密しすぎた人。「のんびりとしたアジア」が好きな人たちにとっては、足が遠のいてしまうのだろう。

 一方、ラオフェスが始まったのは2007年。その年の来場者は7万人(2日間)で、それから徐々に動員数を増やし、10年に11万人、12年に15万人、14年に18万人となっている。早めに行けばブルーシートに座りながら食事も楽しめ、来場者からはゆったりと寛げるフェスティバルとして好評なようだ。

日本ラオス外交樹立関係60周年の「ラオフェス」は?

 5回目となる今年は、日本ラオス外交樹立関係60周年、ラオス建国40周年に加え、アセアン統合を迎える年でもあり、関係者は例年に増して力を入れている。

 今年の両フェスのブース種類と料金表はこちら。いずれも食が中心になっていることが分かる。

■タイフェス出店料
レストランブース:27万円
生鮮果物販売・生鮮果実飲料ブース:20万円
物産/サービス事業ブース:20万円
ドリンクブース:48万円

■ラオフェス出店料
飲食ブース:23万円
物販ブース:15万円
展示ブース:3万円
ケータリングカー:15万円

 来場者が外国のフェスに求めるものは、「食・聴・買・踊」の四つ。その中で最も手軽なのが「食」。

 タイフェスは前身がフードフェスだっただけに飲食カテゴリーが細分化されている。タイ料理は誰もが知る一大ブランドで、知名度の低いラオス料理 は、そのタイ国の東北地方イサーン料理にとても似ている。それはイサーン地方が19世紀までラオス領だったからなのだが、タイ料理が世界的に有名になって しまったので、ラオス料理はタイ・イサーン地方に似た料理として認知されることになる。

 タムマークフン(青パパイヤのサラダ。タイではソムタム)、ラープ(炒めた挽き肉の香草添え)、カオニャオ(主食もち米)、ナマズのスープ類など。ラオス、タイ東北部「イサーン地方」のいずれも海に面していないため、山河の食材がふんだんに使われている。独特の臭み消しのために、バラエティーに富んだ生の香草とともに食す。

 地勢的な条件もあるが、大人しいラオス人のPR力の弱さが故ともいえる。日本にあるラオス料理屋の看板の頭に、「タイ・ラオス料理」とついているのはそのためである。実はラオス人がシェフのタイ料理屋が日本に多いという情報もある。

2014年の飲食ブースの様子【写真提供/ラオスフェスティバル事務局】

次のページ>> ラオフェスの楽しみ方


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。