HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

愛犬と見つめ合ったら……
愛情ホルモンで絆が深まる

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第244回】

 飼い主と愛犬が見つめ合うと、愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌が双方で高まり、絆が強まるようだ。麻布大学動物応用科学科伴侶動物学の菊水健史教授らのチームの研究から。

 従来、犬の社会性の基本は、共通の祖先種にあたるオオカミに似た「順位付け」にあるという説が有力だった。しつけ本でも「飼い主をボスと認識させ、服従させる」ことを勧める記載は多い。

 しかし近年、犬=オオカミというイメージは間違いで、むしろ犬の「心のありよう」はヒトに近いことがわかってきた。たとえば、一般的に動物のアイコンタクトは「威嚇」のサインであるのに対し、ヒトと犬の見つめ合いは「愛情」のサインだ。お互いが相手の目に浮かぶ感情に応えることで、一方的な支配-被支配関係とは違う双方向の絆を生みだす。

 菊水氏らのチームは、こうした絆が生まれる背景を科学的に検証。一般家庭の飼い主と飼い犬30組に協力していただき、実験室で30分間、自由に過ごしてもらった。

 その間を撮影していたビデオから、犬が飼い主をよく見つめる(Long Gaze:LG)群と、あまり見つめない(Short Gaze:SG)群に分け、尿中のオキシトシン濃度の変化を比較した。

 その結果、LG群では飼い主と犬の双方で尿中オキシトシン濃度が上昇。SG群では両方とも変化は認められなかった。

 次に、犬の鼻にオキシトシン、または生理食塩水をスプレーした後、飼い主と全く初対面の人間2人が同席する実験室に入れて観察した。この際、人間から声をかけたり接触することは禁じている。

 その結果、オキシトシンを投与された雌犬でのみ、飼い主を見つめる行動が増加。しかも、雌犬に見つめられた飼い主の尿中オキシトシン濃度が上昇したのだ。

 研究者は「ヒトと犬との間には人間の母子間と同様に、視線とオキシトシン神経系を介したポジティブ・ループがあり、強い絆が形成される」としている。

 今の時代、互いに通じ合える関係性は何よりも貴重だ。飼い犬のしつけに悩んでいる方は、じっと目を見て愛情を伝えてみよう。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧