ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジトレwatch

デジカメを進化させる無線LAN機能付きSDカードの実力

【第34回】 2009年1月7日
著者・コラム紹介バックナンバー

 デジカメで撮影した画像はパソコンにバックアップしていろいろと活用するのが基本だ。

 しかし、パソコンにデータを転送するのは意外と面倒。デジカメとパソコンをUSBケーブルで接続するか、カードリーダー経由で取り込むかする必要がある。

 コンパクトデジカメの一部には、無線LAN機能を搭載しているものがあり、ワイヤレスでパソコンにデータを転送できるものがある。デジタル一眼レフカメラには撮影した画像をワイヤレスで転送できるオプションが用意されている機種も存在する。ただし、いずれも機種が限定されている。ワイヤレスで画像を転送するためには、その機種を買わなければならない。

Eye-Fi Share
Eye-Fi Shareは海外で先行発売されており、個人輸入をして使っている猛者もいた。現在は日本法人「アイファイジャパン株式会社」が設立され、日本語版を購入できる。

 そんな状況の中、注目を集めているのが「Eye-Fi Share」だ。これはデジカメ専用の無線LAN内蔵メモリーカード。2GBのSDカードに無線LAN機能が搭載されているのだ。これを使えば、SDカードスロットを持つすべてのデジカメに無線LAN機能を搭載できる。

 使い方は簡単で、まずEye-Fi Shareをパソコンで読み取り、各種設定を行う。そしてそのSDカードを使ってデジカメで写真を撮影。すると、自動的に無線LANのアクセスポイントを経由して、あらかじめ設定したパソコンのフォルダや、各種オンラインアルバムサービスなどに写真を転送してくれるのだ。

 Eye-Fi Share自体は2GBのSDカードなので、通常のSDカードとしても利用することも可能だ。

 価格は9980円。2GBのSDカードとしてはやや高価に感じるが、どんなデジカメでも無線LAN化できるという価値を考えると、けっして高くはない。

 対応サービスはFacebook、Flickr、MobileMe、Movable Type、my Picturetown、Picasa、Snapfish、TypePad、VOX、などなど。対応サービスは今後も増えていくだろう。

 わずらわしい画像ファイルの転送は、このEye-Fi Shareで解消。あなたのデジカメに1万円上乗せするだけで、ワイヤレスなデータ転送を実現できる。あなたなら、どうする?

(三浦一紀)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


デジトレwatch

ネット・携帯、デジタル家電・グッズ、ゲーム、新サービス…etc.。日常のあらゆるシーンで気になるIT・デジタル系の最新トレンドを紹介していく情報コラム。

「デジトレwatch」

⇒バックナンバー一覧