ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下の能力を120%引き出す「質問」の技術
【第10回】 2008年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤淳子 [(株)コーチ・エィ シニア・エグゼクティブコーチ]

部下は「答え」ではなく、「応え」を欲している

 あるプロジェクトのコーチングをしていた時のことです。一人ひとりのメンバーは、とても明るく親しみやすい人たちなのですが、リーダーと他のメンバーの間がなにやらぎくしゃくしているのです。

 例えば、リーダーがプロジェクトの課題についてアンケートをとろうとすると、いきなり「何のためにするのですか?」「どういうフィードバックがあるのですか?」といった質問がメンバーから矢継ぎ早に出てきます。また、リーダーが口頭で連絡事項を通達しようとすると、メンバーからは「ちゃんと書面で通達してください」というリクエストが出てくるといった具合で、コミュニケーションがうまくとれていないのです。

 後ろから見ている私には、すぐには何が起こっているのかがわかりませんでした。なぜ、こんなことぐらいでぎくしゃくするのだろう、アンケートぐらい協力してあげればいいのに、と思っていました。

 でも、しばらくすると何となく様子がわかってきました。他のメンバーがリーダーに問いかけや疑問を投げかけても、“応えてもらえない”ということが頻繁に起こっていたのです。

 トレーニングの合間に、他のメンバーがリーダーに聞きにきます。

メンバー「これ、よくわからないのですが、どうしたらいいですか?」

リーダー「それがまだ決まっていないんですよね」

メンバー「いつ決まるんですか?」

リーダー「はっきりとはわからないんです」

メンバー「……いつから開始したらよいのですか?」

リーダー「まあ、とりあえず始めてみてください」

メンバー「とりあえず、でいいんですか……」

 これでは、メンバーは何のために、何をすればいいのかわかりません。トンネルのなかでは灯りがなければ長くは歩けないのと同じで、どこに向かっていけばいいのかすらわからなければ、「とりあえず始めてみて」と言われても積極的に動くことはできないでしょう。

 でも、リーダーがこんなふうに答えていたらどうでしょうか。

メンバー「いつから開始したらよいのですか?」

リーダー「まだわからないのですが、今日、検討します。いつまでにわかるといいですか?」

 人はいつも正解の「答え」を欲しているわけではなく、疑問を投げかけている気持ちに「応え」てほしい時もあるのです。自分の気持ちに応えてもらえれば、なんとかやってみよう、多少のことは協力してみようかということになるのではないでしょうか。「答え」よりも「応え」が必要な時もあるのです。

 部下の質問に正確に答えることができなくても、疑問を投げかけてくる気持ちを受け止め、応えてみてください。そうした上司の対応に、部下は信頼感を覚えるものです。お互いに信頼感が生まれれば、メンバーの結束は固まっていきます。

スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



齋藤淳子 [(株)コーチ・エィ シニア・エグゼクティブコーチ]

立教大学法学部卒。神戸製鋼を経て、1990年MSC(マネジメントサービスセンター)入社。数多くのリーダーシップ研修やコンサルティングを行う。1999年、(株)コーチ・トウェンティワン入社。2001年、(株)コーチ・エィへ。現在は、シニア・エグゼクティブコーチとして、上場企業を中心に経営者・管理職層へのトレーニング、および1対1のコーチングを実施。
コーチ・エィのホームページはこちら


部下の能力を120%引き出す「質問」の技術

マネージャーの仕事は「質問すること」だった!「どう思う?」の一言で、部下が伸びる!部下の能力を120%引き出すためのコミュニケーションスキル講座。

「部下の能力を120%引き出す「質問」の技術」

⇒バックナンバー一覧