クレジットカードおすすめ最新ニュース[2018年]
2015年6月2日公開(2017年10月31日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ポイ探ニュース(菊地崇仁)

ドコモとPontaが提携し、ポイントの相互交換へ!
au、ソフトバンクに続く携帯ポイントのオープン化で
群雄割拠のポイント戦国時代が始まる!

 2015年5月13日、NTTドコモ(以下、ドコモ)は、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を提供するロイヤリティ マーケティング(以下、LM)と業務提携を行い、ドコモが新たに提供する「dポイント」と「Ponta」の相互交換を2015年12月から開始する予定だと発表した。

 今回は、この提携の持つ意味について考えてみたい。

au、ソフトバンクに遅れをとっていたドコモが
Pontaと提携して巻き返しを図る

 ドコモは、2015年4月28日に、自社のサービスブランドである「ドコモポイント」や「ドコモプレミアクラブ」などの名称を「d」を冠した名称で統一すると発表していた。

■ドコモのサービスブランド名変更のまとめ
  現在の名称 新名称
 ポイント ドコモポイント dポイント
 会員プログラム ドコモプレミアクラブ dポイントクラブ
 クレジットカード DCMX dカードTM
 お客様ID docomo ID dアカウント®


 そして今回の発表は、ドコモとPontaが連携することで、2015年12月から「ドコモポイント(dポイント)」がPonta加盟店で利用できるようになり、さらに「Pontaポイント」と「ドコモポイント(dポイント)」の相互交換も開始されるというものだ。

 また、2015年5月12日付の日経新聞電子版の記事を読む限りでは、ドコモデザインのPontaカードではなく、独自のポイントカードが発行されるようだ。「ドコモポイント」が「dポイント」へ、クレジットカードの「DCMX」が「dカード」へ名称が変更となることを考えると、新たなポイントカードは「dポイントカード」となるのだろうか。

DCMX
 還元率  1.0%
DCMXカードフェイス
DCMXカード公式サイトはこちら
 発行元  NTTドコモ
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  初年度無料、
 2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば
次年度以降も年会費無料)
 家族カード  あり(年会費初年度無料、2年目以降400円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ―

(関連記事⇒ドコモのカード「DCMX」を保有することで携帯電話料金はどれだけ安くできる? ポイント制度の変更点と「DCMX」のメリットとは

 競合のauは、2014年に「au WALLETカード」を新たに発行し、携帯利用や「au WALLETカード」の利用で貯めたポイントを再度「au WALLETカード」にチャージ可能とすることで自社のポイントをより使いやすくした。
(関連記事⇒新登場した「au WALLETカード」にチャージしてもっとも得するクレジットカードはどれだ!? 誕生月ポイント5倍の「ライフカード」に注目!

 一方、ソフトバンクは、「ソフトバンクポイント」を廃止して携帯利用などで貯まるポイントを「Tポイント」に切り替えた。ソフトバンクは、貯まるポイント自体を使い勝手の良いポイントに変更したわけだ。

 auとソフトバンクのどちらも、自社でしか使えない“閉じたポイント”から幅広く使える“開いたポイント”に切り替えた形となる。

 当然、ライバルのドコモもポイントの使いやすさを考えてくるはずで、ドコモが今後どのような対策を行っていくのか筆者も気になっていたが、実は以前から「もし、ドコモが共通ポイントと提携するのであれば、『Pontaポイント』しかない」と考えていた。その理由は、それぞれのJALとの関係だ。

 以前よりPontaとJALは提携していたが、2015年4月以降はそれをさらに強化。「JMBローソンPontaカードVisa」利用者以外でも、JALマイルとPontaポイントの相互交換ができるようになった。一方、ドコモとJALも、2014年4月から「ドコモポイント」とJALのマイルを相互交換できるようした。こうした関係から、ドコモが共通ポイントサービスと提携するにあたりJAL陣営の「Pontaポイント」を選んだのは、当然の流れと言えるだろう。
(関連記事⇒「リクルートカードプラス」がマイルでも最強に!? 誰でも「JALマイル」と「Pontaポイント」が相互交換できるサービスが2015年春にスタート!

ドコモとPontaが提携したことで、
「ポイント三国時代」から「ポイント戦国時代」へ

 ドコモとPontaの提携により、最新のポイント交換マップは以下のようになる。マップを見る限り、提携による他社への影響はなさそうだ。このことを考えても、ドコモが提携するとなるとPontaしかなかったことがわかる。

 さらに、共通ポイント、オンラインショッピングモールのポイント、携帯電話のポイントなどのグループをまとめると、以下の表のようになる。

 「楽天スーパーポイント」vs「Tポイント」vs「Pontaポイント」のポイント三国時代から、さらに携帯電話のポイントの参入が進んだことで、時代は群雄割拠のポイント戦国時代へと突入した。今年は、各共通ポイントサービス加盟店の“寝返り”にも注目したい。
(関連記事⇒「Tポイント」「Ponta」「Rポイント」を徹底比較! 今さら聞けない共通ポイントサービスの歴史とそれぞれのメリット&デメリットを徹底解説!

 以上、今回はドコモとPontaが提携するニュースとその影響についてまとめてみた。このニュースはポイント業界に大きな影響を与えると思われるので、今後も取り上げて行く予定だ。

DCMX
 還元率  1.0%
DCMXカードフェイス
DCMXカード公式サイトはこちら
 発行元  NTTドコモ
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  初年度無料、
 2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば
次年度以降も年会費無料)
 家族カード  あり(年会費初年度無料、2年目以降400円、税抜)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ―

(関連記事⇒ドコモのカード「DCMX」を保有することで携帯電話料金はどれだけ安くできる? ポイント制度の変更点と「DCMX」のメリットとは

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2018年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]
2018年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2018年1月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
「楽天Edy」への
チャージ分は
還元率0.5%
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2018年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!JCB CARD W(ダブル)の公式サイトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2018年「株」全予測
人気の株500激辛診断
桐谷さんの日本株入門

2月号12月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【2018年「株」全予測&人気500株を激辛診断!】
2018年「株」全予測!プロ100人が集結
 株、為替高値&安値注目業種ズバリ!
人気500銘柄 激辛診断[2018年 新春版]
●目指せ1億円億万投資家の14人
 2018年「勝ち戦略」&「注目株48」
桐谷さんの新春「日本株」入門
 初心者も安心のオススメ5万円株も!
「ビットコイン」スタートガイド
株主優待株 新設・拡充の注目13銘柄!
1~3月こそ狙い目! ふるさと納税6自治体
●人気毎月分配株100本「分配金」速報
●別冊付録!不動産投資「大家の3大極意」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング